読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

フローズンカクテルで思い出した…『深紅』 野沢尚

深紅
野沢 尚 / / 講談社
ISBN : 4062739178
スコア選択: ※※※※




私は、読書が好き!とか、読書する方ですよ!
と、いう方に出会うと、読んでください!と、
押し薦めてしまう本が数冊ある。

その中の一冊!
『深紅』は、特に若い世代のママ友さん中心。
野沢ファンの方でも、未読確認のとれた方には薦めている作品。

先日、お友達のブログで♪
彼女の行きつけのステキなBarでの様子が・・・。
記事中、フローズンカクテルが紹介されていた。

すると私の中で、ふっと本書が浮かんだの。

この作中に「フローズン・ダイキリ」が登場する。
ですが、カクテルには、深い意味も、
物語を左右することも、何もありません。
どうぞ、ご安心を。

ストーリーは、~吉川英治文学新人賞受賞作~
犯罪加害者の娘と被害者の娘の生き様…。
作中の二人の女性の取り巻く展開に、翻弄される。
それはもう、ハラハラ・ドキドキ!しっ放し。

また、前半と後半では全くカラーが違う。
賛否両論があるテーマだが、
小説としての完成度は、高いのではないか。

読後自分は、主人公である二人の女性の
どちらのタイプなのか…考え込んだのもです。

でも内容云々より、何故なのか?
私には「フローズン・ダイキリ」の印象が強く残った。

新年度を迎え、新たな友人が出来た際は、
また、性懲りも無くオススメしようと思う(笑)
ひょんなことから、浮かんできた『深紅』。
お薦めしたくなりました。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-04-17 15:38 | Book