読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『卒業』 『樹海』 『時計』 吉村達也  角川ホラー文庫刊

えー、先ずは 『 卒業 』 から。
面白くないし、怖くなかった。 ホラーなのに…。これでイイの???

哲学的な内容が、ダラダラ続き、何となくで読み進んだ。1時間強で読了します。
何てったって、三部作(笑)  一部がこんな感じでも、今後はきっと! アハハ
まだあと、二冊が控えているもの。きっと大丈夫よ。読もう! ガマン、ガマン。

高校の卒業式の日に、
自殺をするためバイクに乗って家を出た少年、神保康明氏の話。
樹海に入り、死を決意する(首吊り)。が、
クラスメイトや英語の女性教諭への、深い恨みが溢れ、
自分が受けたいじめを暴きたい気持ちに駆られる。 
彼は街まで戻り、便箋に怨み辛みたっぷりの遺書を書くことになる。
老人や女の子の出現から、自殺を思い留まり… 遺書を埋葬する。

そんな少年も大人になり、結婚をし、妻と娘と幸せな家庭を築いていた。
ある日、彼の頭に「声」が直接語りかけてくる。
康明の奇怪な行動。 真美ちゃんの異変。 

怨みや憎しみのもつ、「記憶に関する哲学」が本書のテーマ。
吉村氏のスラスラ進める文体は、多少哲学的であっても、読みやすい。ww

さて、どうなる?

とてもスッキリ完結とは言えない。 これで終わり? って感じ。
消化不良を起こす作品なので、
手元に次作の 『 樹海 』 を用意した方がよい。 すぐに欲しますよ。



で、はい、 『 樹海 』 です。

『 卒業 』 から20年が経過している。  そう、20年。
3歳だった真美ちゃんが、24~25歳。
大学の研究室で助手として生体電磁波の研究をしている。
本書は、前作では生まれていなかった、真美の弟であり
神保康明の長男である、神保透の周辺がメイン。

彼は、20歳の大学二年生だ。 
村木ルイという高校二年生の彼女が、一ヶ月に一度悪夢に魘されている。 
それも毎回同じ夢。
ルイの悪夢を、物語の軸に、
隠された過去の真実を求め、暴くというストーリー。

主に、電磁波と共に進化する人間について、
「記憶」と「記録」についての考察が語られている。
また、メタル・ベンダー(金属を曲げる超能力)や、
自殺者を予知する能力などが出てくるが、
ルイの現象を電磁波で説明付けする大胆さは、かなりのもの。 フフフ

本書は、単独でも充分楽しめます。 保証します。
ラストは、絶対に誰も予測できないはず。 ステキなラストにじーんときたわ。
ホラーというより、ミステリィ色が濃い…  いや、SFっぽいかな~。

※文庫のカバー(表表紙)には、特殊加工が。 暗闇で一部が発光するの。
 驚いたというより、をぉぉぉぉぉ! って感じでした。 (^^;

『 樹海 』 で結構満足してしまったが、三部作ですものね。 はい、読みました。


そんなこんなで、三部作ラスト 『 時計 』 。
つまらないのよぉ~。 でも、最後だものね。 
神保家の行く末は気になるわ。 頑張りました。 
まっ吉村氏の文体だから、読めたんだけど。サラッと読める。 しかし、キツイ。  
そうそう、読後すぐの感想は 「なんじゃらほい? ほいほいほーい!」。

『 卒業 』 『 樹海 』 から続く、神保一家の壮絶なストーリー。 
またしても…この一家を中心に可笑しな奴らばっかり。  
人の進化に関して、少しは考えさせられたりはしたが。 理屈がちょっとねぇ。 
私が素直じゃないからでしょうか…? 
でも、在り得ない感が強すぎたわ。 (〃´o`)=3 フゥ  

本書、単独では理解できないかもしれない。
三部作としてだけではなく、其々でも一作品として成り立っている、
そうだが…うーん、無理だろう。     
先にも書いたが、『 樹海 』 だけならば、単独でイケルと思う。
『 時計 』 は…NGだ。 話の展開に、無理も多いし…。
前二作の底辺がなかったら、もっとつまらないよ。
よって、決して単独では読まない!って、注意事項と言えるのではないかな!?

本書は、何を書いてもネタバレになってしまう…。 前作からの伏線もしかり…。
上手く書けませーん。  
もっと長編にして、幅を持たせた方が楽しめそうなテーマだった。
 
「人間はコンピュータ」 何となく納得させられてしまった。


吉村氏は、
あっという間に読ませてくれるので、三部作といっても然程時間は掛からない。
ホラーとは言えないほど、怖くなかったのも、よかったかも~(爆)
20代半ばの、若~いママ友さんのご推薦だったので、ワクワクして望んだのだが…
期待過多、以前の問題かも。 おばさんには、無理だった見たい。 (人・;)



トータルでは、★3つくらい。

e0115884_1633747.jpge0115884_16333567.jpg
e0115884_16335730.jpg
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-04 08:12 | Book