読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『新訳 ハムレット』 息子へ

新訳 ハムレット
W・シェイクスピア著/河合祥一郎訳/ /角川書店







先日、バッグへ入れっぱなしだったので、再読しました。
よく知ってる話だから、ちょっと空いた時間などに
読むのに、丁度いいかな、と。持ち歩いていたのですが(笑)
改めて読んでみると、すごかった。
あらすじは覚えていたが。これほどまでとは(><;

四大悲劇のなかでも、最も有名なお話なので、
レビューとして書くのは、ちょっと気乗りがしない…へへ;
そんな訳で…
以下、先日息子へ説明した内容文を。。(笑)
息子にとっては、初の W・シェイクスピアです。


* * * * * * * * * * * * * * * * *

ハムレットはデンマークの王家の男の人、だから王子ね。
ある時、王であるお父さんが、突然死んでしまってね。
お父さんの弟であるクローディアス(叔父さん)が
王位を継いだんだけど…
お母さん(ガートルード)も、そのまま叔父さんの
お嫁さんになっちゃうんだ。 
(グロテスクだなぁ…)

ある日、ハムレットはね、お城の中で、
亡霊となったお父さんに会うんだ。
そしてお父さんが死んだ、真相を聞くの。
クローディアス(叔父さん)が、王様になりたくて、
毒を使ってお父さんを殺したんだって。
それを知って、ハムレットは怒り狂ったの。
お父さんからも、復讐を命じられたんだ。

亡霊となった父から聞いた事実をね、暴きたいんだけど…
証拠がないでしょ。
結局何も出来ずに、ハムレットはいろいろ悩んでいたの。

対外的には、父(亡霊)と話してからのハムレットは、
気が狂ったんだ、と、思われていたんだよ。
ハムレットが父の復讐のために考えた演技なんだけどね。
狂ったふりをしていたの。

残念なことに、
お母さんには亡霊となったお父さんの姿が見えないの。
見えなければ、信じてもらえないかもしれないでしょ?
だからお父さんの亡霊のことは、話さなかったの。

そんな時、旅役者の一行が街に来たの。
そこで、王・クローディアスの前で、父を殺した顛末をね、
演じて貰うことを思いついたの。
そして、劇団の人たちにお父さんの死の真相の場面を
劇にしてもらったの。
その劇を、王・クローディアスと母・ガートルードに
見せたんだけど…

王は、退席してその罪を懺悔していたの。
母と話すためにそこを通りかかったハムレットは、
クローディアスの懺悔の姿を見て、父の復讐を思い留まったの…。

母・ガートルードの部屋では、言い争いになってね…
お母さんは、いまの王がハムレットの父を殺したなんて、
知らなかったのね。 
このときはもう、クローディアスを愛していたんだと思う。
だから、ハムレットは悔しかったんだと思う。

言い合いをしていたら、物音がしたの。
たまたま近くにいたポローニアス(国王の顧問官)だったんだけど、
ハムレットは、王・クローディアスがいると勘違いして… 
ポローニアスを殺してしまったの。

装っていたとはいえ、狂人呼ばわれされ…
勘違い(人違い)とはいえ、ポローニアスを
殺してしまったハムレットは、宮廷から出ることになる。
王の命令でイギリスへ行かされたの。

でも実は、王・クローディアスはね、すぐにハムレットを
殺そうと考えていたんだ。
イギリスの王へ宛てた手紙を、ハムレットは船の中で
読んじゃったんだ。
そしたら、すぐに処刑してって、書いてあったの。
だからハムレットは、こっそり自国に戻ることにしたんだ。

そうそう、
そのハムレットが殺してしまったポローニアスはね、
ハムレットと愛し合っていたオフィーリアのお父さんなのよ。
でもオフィーリアは、大好きなお父さんを失ったことと、
ハムレットに捨てられたと思い込んでしまったことから
気が狂ってしまってね・・・
終いには、川で溺れて死んでしまうんだ。
(弱いなぁ・・・。ジュリエットより若いからねぇ)
ハムレットはこのことを自国へ戻る途中で知るんだけどね。


一方、ハムレットが生きて戻った宮廷ではね…
ポローニアスの息子のレイアティーズ(オフィーリアの兄)に、
ハムレットを殺害させようと、王が、卑怯な計画を立てていたの。

オフェーリアの兄・レイアティーズにとって、
ハムレットっていうのは、父と妹を殺した張本人なの。
殺してやりたい、と思っていたはずだからね…。
王・クローディアスにとっても、
自分の命をつけねらうハムレットは厄介者。
ここは、決闘という形でレイアティーズに殺してもらおう。と。

とにかく、ハムレットはレイアティーズと剣術の試合を
することになるんだ。
王・クローディアスは、レイアティーズの剣先に毒を塗ったの。
念には念を入れて、杯のワインにも毒薬を入れておいたの。
戦いの後「よくやった!さあ飲め!」と言って殺せるように。

だけど、こんな卑怯な計画はね、通らなかったのよ。

毒薬の入ったワインの杯は、
王妃(ハムレットの母ガートルード)が喉が渇いたと言って、
飲んじゃったの。

レイアティーズが持っていた剣で切られたハムレットはね、
剣先を見て、毒に気付くの。
そして、毒の剣を奪って、レイアティーズを刺し返したの。
と、同時に、杯のワインを飲んだ王妃が、「毒が入っている」
ことを告げて… 死んでしまうの。
その直後、レイアティーズから、全ては王の策略だと聞かされ、
レイアティーズも死んでしまうの。

ハムレットは、怒ったよ。
そして、毒が回った身体で、最後の力を振り絞って、
王・クローディアスを刺し殺したの。
そしてノルウェーのフォーティンブラス王子にね、
デンマークの王を継いでくれるように頼んで… 
ハムレットも死んでしまったの。



と、まぁ…だいたいこんなお話。
息子相手だし・・・こんなもんで。

ホレイシオは大事な存在だけど・・・省いてもいいよね。
政治的背景の説明も…いらないものね。  アハハ


まぁ、いいか(笑)   ダメかしら???


* * * * * * * * * * * * * * * * *


やっぱり『ハムレット』は面白い♪
(本書は、河合祥一郎・翻訳 角川文庫刊です)

『ロミオとジュリエット』も大好きなの♡再読もイイかな(^^;
でも…よしっ!今度は喜劇がいいな♪
『ヴェニスの商人』にしよう (゚▽^*)☆


河合氏の『謎解き「ハムレット」』 と 『ハムレットは太っていた!』 も
読んでみたいなぁ。  チェックしてみよう。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-08-30 10:19 | Book