読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『ハードボイルド・エッグ』 荻原 浩

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)
荻原 浩 / / 双葉社
ISBN : 4575508454
スコア選択: ★★★








「タフでなければ生きて行けない。
 優しくなければ生きている資格がない。」

チャンドラー(マーロウ)ファンは
噴出す要素満載です。  ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ
物凄く… つまらないし、くだらない物語。
なのに… 惹かれる。 
知らぬ間に… キャラの魅力の虜だった。

読み始めは、失敗かな!?と、残念な気分になった。
しかし、途中からコメディを読んでいる錯覚に陥り…
ハードボイルド作品を期待して読むとNG。
ハードボイルドは、あくまでも笑いの要素としての
ハードボイルドですからね!   \_(・ω・`*)ココ重要!

フィリップ・マーロウの受け売りをモットーに
探偵を営む 最上俊平。
そして、美人秘書 片桐綾。

とにかく、かっこばかりつけている探偵さんと、
その秘書になった綾さんのドタバタコメディー♪

そうか、コメディじゃん!と、笑っていれば…
ユーモラスな文体の中に、深い問題がドンっと盛られていて。
笑いながらも、考えさせられる問題の重さに、唸ってしまう場面も。

筆力が凄い!の一言。 読ませる力が半端じゃなかった。

本書のジャンルは何になるのだろう。
推理小説?ミステリィだとしたら、最悪だわ。
ちっとも面白くないもん。 アハハ
エンタメ系で走り抜けたって感じの作品ですね。

現在、『長いお別れ』再読したい気持ちに駆られています。
今年3月の刊行当時から気になっている春樹氏の『長いお別れ』
じゃなかった 『ロング・グッドバイ』 ね! やっぱり欲しいな。


あっ最後に一言。
私、主人公は綾さんだと思うわ。(笑)
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-13 17:18 | Book