読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『水曜の朝、午前三時 』 蓮見 圭一  憧れの女性です。

水曜の朝、午前三時 (新潮文庫)
蓮見 圭一 / / 新潮社
ISBN : 410125141X
スコア選択: ★★★★





大阪万博が開催された1970年が舞台背景。
ストーリーは
一人の才女が、45歳で他界するまでの人生を綴ったもの。

悲しいのに、温かい。 稀有な恋愛小説。

主人公の直美さんは、現代女性の姿にぴったり。
ただ、時代(年代)が違うだけ。
彼女の精神…思考は正に “今”を生きる人でした。

背景とは裏腹に、斬新なメッセージが心地いい。
まるで現代を生きている女性の思考なのではないかと
感じる彼女の口から出る言葉が、また、いい。

本書には、ステキな言葉が溢れていました。

池上冬樹氏が解説の中で取り上げられた言葉の中に
私が付箋した言葉と同じものが一つ、ありました。

・・・運命についてです。   (以下本文より)

「運命というものは私たちが考えているよりも
 ずっと気まぐれなのです。
 昨日の怒りや哀しみが、明日には何物にも代え難い
 喜びに変わっているかもしれないし、事実、
 この人生はそうしたことの繰り返しなのです。」


メッセージ性の強い、数々のステキな言葉を残してくれた
直美さんの45年という短い人生に…
是非、私と一緒にエールを贈ってください。

そして、悔いのない人生を送れるように、生きていきましょう。

奥の深い恋愛物語を綴った、近年にない恋愛小説です。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-07-19 10:24 | Book