読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 / / 角川書店
ISBN : 4048737449
スコア選択: ★★★★





主人公は、京都にある国立大学生の「先輩(私)」と、
その片想いの相手(大学のクラブの後輩)「黒髪の乙女」。
この2人の1人称が交互に構成された、
キュートで奇妙なファンタジックラブコメディ。

古風であり斬新でもある語り口が、この物語にとても似合う。
読んでいて無闇に楽しくなる作品だった。

この黒髪の乙女のキャラがとっても可愛らしい。
背が低くて、ショートカット。
姉から伝授された「おともだちパンチ」という奥の手を持ち…
独自に開発した万能のお祈り「なむなむ!」を愛用!
わくわくすると二足歩行ロボットのステップを踏む…∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ
というとっても×②キュートな女の子。
そして、天性の運のよさを駆使して(笑)
困っている人を見かけると助けてあげる心優しい人柄。
また、彼女を慕う先輩が、彼女の前に頻繁に現れるのを、
単なる偶然と思っている脅威の天然っぷり(笑) 

物語は4つ。

第一章 夜は短し歩けよ乙女
黒髪の乙女が夢幻のような先斗町を、
個性的な人々とめぐり合いながらさ迷う一夜のお話

第二章 深海魚たち
黒髪の乙女が下鴨神社の納涼古本まつりで
幼い頃手放した絵本「ラ・タ・タ・タム」を探すお話

第三章 御都合主義者かく語りき
黒髪の乙女と先輩の通う大学の学園祭のお話

第四章 魔風邪恋風邪
京都の街全体を襲った風邪のお話


登場人物も奇々怪々な人物ばかり。
中でも仙人のような雰囲気を持った李白翁の登場シーンは凄い。
モリミ版 「千と千尋の神隠し」 って感じ。
一目惚れの彼女との再会を祈念して
同じパンツをはき続ける「パンツ総番長」 アハハ
とにかく、すべてが意表をつくオモシロさだ。

で、何より最高なのは先輩です!
彼女に恋しているがゆえの笑える妄想、泣ける行動。
なんとか彼女の眼中に入ろうと、七転八倒している苦悩の先輩。
彼は「ナカメ作戦」と名付けているのです(笑)  
=「なるべく彼女の目にとまる作戦」の略(爆)

独特な文体、奇妙なエピソード、一風変わった登場人物たち、
その全てが魅力的で面白い。

はじめにクスリと笑い始め、そのうち爆笑し、そしていつの間にか
モリミーワールドの虜になっている、自分に気付きます。
古風であり斬新でもある語り口が、この物語にとても似合う。
とても幸せな気分になれる本でした♪

伊坂氏が仙台(東北大卒)、森見氏が京都(京大卒)と
出身大学のある地方都市を書くのって面白いな~。

2007年本屋大賞第二位作品。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-11-19 13:18 | Book