読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 (白乙一)

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
乙一 / / 幻冬舎
ISBN : 4344402146
スコア選択: ★★★★






物語は、全盲の女性ミチルの生活から始まった。
彼女は三年前に事故に遭い、視力を失った。
それ以前は見えていたので、
自宅では、見えているような生活が可能なのだ。
両親は離婚しており、彼女は父と二人暮らしだった。
だが父は、一年前に脳卒中で倒れ、他界してしまった。
以来、一人きりで引き篭り生活を送っているミチル。

そこへ、駅のホームで起きた殺人事件の容疑をかけられた
アキヒロが転がり込む。
といっても、アキヒロはミチルの目が見えないことを
知った上で、潜り込んだのだ。

そこから、奇天烈な同棲生活が展開します。


何が上手いって、ミチルの家の中での2人の心理描写。
このお互いの心理描写は、鳥肌モノです。
息をひそめ、自分の存在をミチルに悟られないように、
常に緊張し、膝を抱えるアキヒロ。
しかし、他人の存在に途中から気づき始めるミチル。
その後、2人は少しずつ…
まるで糸を手繰り寄せるかのように気持ちが近づいて行く。
その様子が、言葉では言い表せないほど素晴らしい。
最高に魅せられた。

言葉のない奇妙な二人生活なのに、お互いを思いやる気持ちが
優しくて、暖かくて、また切ない。
端々から奇妙な連帯感がしっかりと伝わってくる。
会話がないことって、なかなかスリリングだ。
この二人、タイプが似ているんですよね。 とっても。

物語が、アキヒロとミチル両者の視点から構成されているため
二人に感情移入がスルっとできて、あっという間に
乙一ワールドに入り込んでしまった。

ラストはありきたりかな?と高を括っていたのだが、
参りました。
ラストまでの数分間、頁を捲る手が止まらなかった。
何時死んでもイイと、落胆的だったミチルに
「生」への希望の光が照らされた気がします。


次は『失はれる物語』を読んでみたいと思う。
白乙一、お気に入りです。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-11-20 09:39 | Book