読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

「吉野朔実劇場」 既刊五冊!

お父さんは時代小説(チャンバラ)が大好き (角川文庫)
吉野 朔実 / / 角川書店
ISBN : 4043640013

お母さんは「赤毛のアン」が大好き (角川文庫)
吉野 朔実 / / 角川書店
ISBN : 4043640021

弟の家には本棚がない―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)
吉野 朔実 / / 本の雑誌社
ISBN : 4860110129

犬は本よりも電信柱が好き (吉野朔実劇場)
吉野 朔実 / / 本の雑誌社

本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場]
吉野 朔実 / / 本の雑誌社
ISBN : 4860110706







スコア選択: ★★★★★

 『本の雑誌』 誌上で連載されている
イラストエッセイ 「吉野朔実劇場」


 「読書は自分と本との融合の時間ですが、
  私は本を、好きな人とキャッチボールすることから始めました。
  だからでしょうか、今でも面白い本に当たるといろんな人にぶつけたくなるのです」


この素敵な一文はシリーズ第二作『お母さんは「赤毛のアン」が大好き』の
あとがき最後の一文です。
本シリーズ「吉野朔実劇場」を言い当てた、全てではないかしら。

「吉野朔実劇場」は、
本に関したことを雑談風に語っているコミックエッセイ。
雑談の軽やかさが一番の魅力!
漫画家である著者の日常を覗いつつ、その人柄が随処に現れていて。
何とも微笑ましい時間が過ごせます。
「面白い本に当たるといろんな人にぶつけたくなる」という彼女から
数々の本をぶつけられ、読んでいる内に自分自身も雑談の輪に
加わっているような気持ちになるのです。
とても幸せな気分になってくる。  ほっこり。

趣味は『読書』!
と言う方ならば、きっと気に入るはずです。
是非、ご一読を。

   

ここ数年、「本雑」は常に立ち読み(笑)
殆ど購入をしていない。 
本シリーズも、文庫化されている2冊のみ所有。   (^0^ヘュ-オッホホ♪ 
早く他の作品も文庫落ちしないかしらん。
[PR]
by merrygoround515 | 2008-03-03 15:52 | Book