読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『フォー・ディア・ライフ』 柴田よしき

フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)
柴田 よしき / / 講談社
ISBN : 4062733064
スコア選択: ★★★★






新宿二丁目で無認可だが最高にあったかい保育園を営む男
花咲慎一郎、通称ハナちゃん。
慢性的に資金不足な園のため金になるヤバイ仕事も引き受ける
探偵業も兼ねている。
ガキを助け、家出娘を探すうちに巻きこまれた事件の真相は、
あまりにも切なかった…。
稀代のストーリーテラーが描く極上の探偵物語。
(「BOOK」データベースより)



読後、本のタイトル “フォー・ディア・ライフ” (「一所懸命」「命からがら」)は、
柴田さんからの大いなるメッセージだと思いました。 
日々だらだらと過ごしている私… 反省せねば。  
内容もタイトル通りなんだもん。 うむむ、感服です。

柴田さんの読み易い文章は、本当に素敵だ。
それに登場人物たちが、個性的だけでなく、生き方がドラマティックなのだ。
しっかり読まされました。
特に、主人公・花咲慎一郎(ハナちゃん)の人間性には、痛く共鳴。
口数は少ないが、考え方が前向きなんだ。 不屈の精神って、彼のことだね。
決して強い人間じゃないんだけど…。 どちらかと言うと弱い人だ。
なのに、頼りになるんだよね。人一倍!

読んでいて、凄くリアリティを感じるのよ。
愛する保育園と子供たちの為に、ヤバイ仕事と分かっていながら
身をやつす主人公。
そしてその主人公を暖かい目で見守るたくさんの人々。
人は人の情けを受けながら生きていくものなのだって。
個人的には、奈美先生が一番好きかも。


文庫本に「稀代のストーリーテラー」と書かれている。
( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪ 全く持ってその通りだと思う。
例えるなら大沢在昌氏と比較しても…
然程見劣りないレベルなんじゃないかなぁ?
ちょっと無理が在るかしらん、ね?  ふふふ
でも、鮫島より…ハナちゃんの方が、好きだなぁ。

ミステリィとしてだけでなく、
探偵小説として充分楽しめる作品だ。



早く続編の 『フォー・ユア・プレジャー』 を買いに行かなきゃ。
[PR]
by merrygoround515 | 2008-02-11 20:22 | Book