読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『映画篇』 金城一紀

映画篇
金城 一紀 / / 集英社
ISBN : 4087753808
スコア選択: ★★★★★






読後…
一体何作の映画が出てきたのだ?と、思い、調べたら…
なんと、96本だそうだ。 (><;
それにね、金城氏…
年間300本もの映画を見るのだそうですよ。 すごいなぁ。


金城さんの映画に対する愛が詰まった物語。
実際の映画のタイトルで編まれた5編の短編集。
でも、5つの物語は少しずつリンクしています。
共通しているのが、
夏休み最後の8月31日(日) 18時から区民会館大ホールで行われる
「ローマの休日」 の上映会(入場無料)。
最後の「愛の泉」で開催迄の経緯が語られています。
全ての物語に関係し、そしてそこに終結しているのです。
読後は皆、映画のチカラを再確認させられること、間違いありません。

e0115884_15261463.jpg













「太陽がいっぱい」
僕のデビュー小説の映画化が決まり、撮影現場を訪れた。
駆け寄ってきた女の人。彼女は僕の本名を呼び、
自分は「永花(ヨンファ)」だと名乗った。
久しぶりに出合った小学生の頃の同級生。
訪ね損ねた「龍一(リョンイル)は?」の質問。
龍一は中学時代たくさんの映画を一緒に観た友人。
龍一の人生も関連させながら、
僕の小学生~中学、高校、大学、社会人…
そして作家への道のりと友情の物語。


「ドラゴン怒りの鉄拳」
買い物から戻ると、夫が寝室で自殺していた。
夫の第一発見者となったショックと、
製薬会社に勤めていた夫が薬害事件に関わっていたのでは?
とのマスコミの取材攻勢に疲れ果て、何ヶ月も引きこもりの生活を続けていた。
夫が延滞したビデオをレンタルショップへ返却に出かけ、
そこから彼女の人生が一変する。
学生アルバイトの鳴海が、毎日お薦めのビデオを貸してくれるようになる。
そのお薦め映画により、心の底から笑った私。
それから鳴海のお薦め映画を観る日々が続いた。
オーソドックスな内容なのだが、
ラストの「闘う準備はできた。」と、人生に立ち向かおうとする勇気が素晴しい。
爽快感たっぷり。


「恋のためらい/フランキーとジョニー もしくはトゥルーロマンス」
隣の席の石岡と最初に交わした言葉は
「一番好きな映画ってなに?」だった。
そのまま夏休みに入り、8月31日石岡から電話があり映画を一緒に見た。
そして打ち明けられた石岡のとんでもない計画。
スリリングで何故か可愛らしい復讐劇。
"出て行きたい"と思っている二人の、恋のような友情のような関係が面白い。


「ペイルライダー」
夏休み最後の日、
今日も僕は自由研究「映画ランキングベスト50」の製作の為
レンタルビデオ屋にDVDを借りに行く。
店を出たところでクラスのいじめっ子に囲まれた時、
大きなバイクに乗ったパンチパーマのおばちゃんに助けられた。
ハーレーダビッドソンFXSローライダーを乗り込なす
オバチャン・ライダーと少年の心の触れ合い物語。
しかしおばちゃんは、ある決心をして、この町に来ていた。
おばちゃんの胸に秘めた決心とは…。 
おばちゃんの過去には、グッときた。 (゚ーÅ) ホロリ


「愛の泉」
愛するおじいちゃんが亡くなり、元気をなくたおばあちゃんを
元気付けるべく、5人の孫がなんとかしなきゃ!と立ち上がる。
かおるの提案で、
おばあちゃんとおじいちゃんの思い出の映画を
おばあちゃんに見せてあげることに。
僕はプロデューサーを頼まれた。
孫5人の健闘ぶりとおばあちゃんへの愛が眩しいほど。
笑いあり、感動あり。 涙と笑がテンコ盛りです。
笑い泣きからティッシュが手放せなくなり、
最後はポロポロ涙が…止まらなかった^^;





全編通して、泣いて、笑って、切なくて…。 
最終話「愛の泉」を読み終えると、心がほかほか。
誰もが、笑と涙と感動を覚えることでしょう。
何度も読み返したくなる作品ですね。
とにかく、上手い。 上手いなんてもんじゃないわ!
それに、確かに「救い」の物語です。
寒い冬、心から暖かくなれる本書、特にお薦めです!





★以下5編のタイトルになった映画のジャケ画像★

e0115884_1523518.jpg
e0115884_15285712.jpg
e0115884_15291615.jpg
e0115884_1529521.jpg
e0115884_15301953.jpg
[PR]
by merrygoround515 | 2008-02-12 14:42 | Book