読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『流星の絆』 東野圭吾

流星の絆
東野 圭吾 / / 講談社
ISBN : 4062145901
スコア選択: ★★★★




惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後―
彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。
(「BOOK」データベースより)


東野圭吾氏、2008年第一弾作品。
あまりの評判の良さから、ガマンができず…
買ってしまいました(苦笑)。

どっぷりしっかり、エンタメ系。
でもきっと読後は、いつもの(お得意の)
重くて、ダークな感じなんだろうな。
悲痛が残りそうだなぁ。
と、少し暗くなっていたのだが…。
蓋を開けて、びっくり。
氏にしては珍しく、全く悲痛さが残らない。
なんとも心温まる感動物語だった。

純粋に先の展開が気になる作品。
500ページ近い作品だが、あっという間に読了。
(3時間~3時間半くらいだったかなぁ)
東野氏の作品は、
この読み易さが本当に魅力的だ。
最初から最後まできっちり、楽しめるし、ね!

主人公たちの背景や登場人物の設定、
また物語の内容は、はっきり言って
決して珍しいものではなかった。
伏線も比較的分かり易いものが多い。
事件そのものの絶妙なひねり具合に比べると、
真相には、絶賛されるほどの驚きは、なかった。
実にオーソドックスなラストだ、とも言える。

でも! それがまた、新鮮。 
特に兄二人の、妹を想う気持ちが素敵。
行成さんなんて、恰好良過ぎるでしょ?!
いい男なんだなぁ。戸神行成。
このラストには、実に好感が持てた。

読後真っ先に感じたのは
「帯に書いてある内容紹介文って、ほぼ作品の全てなんだ(苦笑)」
でした。へへ;


殺された両親の仇討ちを流星のもと誓った兄妹は、
功一、泰輔、静奈。
事件当時、功一が小六、泰輔が小四、静奈が小一。
三人はその年齢で両親が殺害されたことを受け入れ、
施設に入り、それぞれ18歳までを過ごした。
そして事件から十四年後のある日、
泰輔が事件当夜目撃した男性との巡りあわせが訪れる。
功一が全身全霊で仕掛ける復讐計画。
警察をも駒に使う恐ろしいほどの緻密な計画。
そして、着々と計画は進んでいった。
作品紹介にあるように、静奈の恋心は
確かに功一の描く復讐計画には、邪魔です。
でも、でも、でも、
(詳しくはネタバレになってしまうので言えないが)
静奈がもたらした影響は、
事件を思わぬ方向へと導くの(笑)。
と、ここまでで。

忘れていたが、
この三人、復讐計画に入る前は、詐欺師だったのだ。
だからと言ってはなんだが、三人の役割分担しかり、
それぞれの洞察力は見事! 三人三様に完璧なのだ。
詐欺師の堂に入った様が、
応援したくなるほど、面白かった(笑)。
静奈は一流の美女に成長しているし。 ふふふ

復讐計画実行中に、
以前騙した相手の登場のさせ方がまた、絶妙。
偶然とか、ないかしら…。
出会っちゃったら面白いのになぁ~、と感じていたら
出てくるんだもん。  あはは。
本当に上手いですよね。

そう言えば、刑事に扮装して訪問する場面で、
ファンサービスがありました(笑)
刑事さんの名前…
「草薙」と「加賀」ですって!思わずニンマリ。
東野さん、楽しませてくれて、有難う! ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ


本書全編を通して言えることですが、
終止一貫して無理や無駄があまりない。 
リアル感を持たせながらも、
やはり小説なんだ、と楽しませてくれる。

安心して作品に向ってくださって、結構!
購入して、損はない作品ですよ。 
東野氏、やはり天才だわ(笑)


2008年度「このミス」で五位以内には、入るんだろうな。


最後に…登場人物の
「2枚目というほどでもないが、上品な顔立ちの 戸神行成 28歳」
最高です(〃▽〃)
[PR]
by merrygoround515 | 2008-04-14 09:59 | Book