読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『叶えられた祈り』 トールマン・カポーティ

叶えられた祈り (新潮文庫)
トルーマン カポーティ / / 新潮社
ISBN : 4102095071
スコア選択: ★★★




『冷血』を読みたくて書店へ。
あいにく、品切れ。
ならば!と、『叶えられた祈り』を購入。
本書はカポーティ唯一の未完の作品。
及び、彼の遺作となった作品。
私的には、
表紙のホッパーの絵が好きだったので。


セレブたちが激怒! カポーティを破滅に追い込んだ遺作。
ハイソサエティの退廃的な生活。
それをニヒルに眺めながらも、そんな世界にあこがれている作家志望の男娼。
この青年こそ著者自身の分身である。
また実在人物の内輪話も数多く描かれていたので、社交界の人々を激怒させた。
自ら最高傑作と称しながらも、ついに未完に終わったため、
残りの原稿がどこかに存在するのでは、という噂も。
著者を苦しませ破滅へと追い込んだ問題の遺作!
(「BOOK」データベースより)


「冷血」により、名誉を得た後・・・
破滅へと突き進んだ、プレリュードだと感じた。

なんともヤルセナイ読後感だ。
きっと、これを書くことによって
作家生命が絶たれたと言える作品だからだろう。

「社交界スキャンダル小説」を書こうと志すも
アメリカ社交界は、認めなかった。
「道化」と称され、カポーティは追放される…。
ヨーロッパとは異なるアメリカ社交界の
浅はかさが、悔しいかな残念でならない。
カポーティも派手に騒ぎすぎだが…。
せめて完結させてから追放されて欲しかった。

ゴシップ小説な感じが強く漂う。
漂うだけで、完結していないので
なんとも歯がゆくてモドカシイ。
社交界の様々を暴露しようとして、
自爆してしてしまったとしか思えない。
不完全燃焼。

本編プラス「編集者から」と「訳者あとがき」によって
なんとか完結へ持っていった作品だ。

ファンなら文句は無さそうだが
興味本位の私のようなタイプには
辛い作品だった。



『冷血』も読みたいが、
村上春樹氏訳の
『誕生日の子どもたち』という短編を読んでみたい。
そして『クリスマスの思い出』を読みたいと思う。
カポーティ、ちょっと続けてみよう。
[PR]
by merrygoround515 | 2008-06-17 11:34 | Book