読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

『太陽の塔』 森見登美彦

太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦 / / 新潮社
ISBN : 4101290512
スコア選択: ★★★★






何かしらの点で彼らは根本的に間違っている。
なぜなら私が間違っているはずがないからだ、と宣う、
ひねくれた学生の夢想を描いたデビュー作。
第15回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。


主人公は、京都大学農学部の五回生の「私」。
但し、現在自主休学中。
元恋人「水尾さん」の研究に勤しみ、
研究というか…単に付狙った観察(?)の成果を、
240枚にわたるレポートとして、書き上げていた。

研究追行の只中「私」の前に
「これ以上、彼女につきまとったら警察を呼ぶ」と男が立ちはだかる。
しかし、彼(遠藤くん)は…同じ穴の狢だった。


こいつ等アホだ。
あ、でも京大生だった。
じゃアホではないか。
いや、アホだな。うん、アホだ。
だけど、とっても愛おしい。

ここから「夜は短し歩けよ乙女」が生まれのか~。
うん、うん、納得。
鼻持ならないと言えなくもないけれど、
この妄想っぷりは、やはり凄まじい。


極め付けが「ええじゃないか騒動」。
クリスマスイブで賑わう四条河原に、
奇妙奇天烈な「ええじゃないか騒動」が巻き起こる。
動機も何もかも、あまりにもアホ過ぎて…
返ってこの上なく清々しい(笑)。

「Gキューブ」このアホなやり取りが
私は一番好きだったかも。
絶対にあの部屋には入りたくないが…。

アホだ、アホだと言ったけれど、
やっぱり彼等は可愛い。
(あくまでも私の視点では、ね)
きっと、私が彼らよりずーっと年上であることが
愛おしさを増したんだと思う。

現実と妄想との境界線の無さっぷり!
そこを目一杯楽しむ作品です!
[PR]
by merrygoround515 | 2008-09-28 15:57 | Book