読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

福沢諭吉、深いなぁ

福沢諭吉は謎だらけ。心訓小説
清水 義範 / / 小学館
スコア選択: ★★★★







処世訓の最高傑作・七則の謎に迫る諭吉外伝。
7ヵ条の心訓は、本当に福沢諭吉が書いたのか?!


まずは、福沢諭吉の心訓と言われている7カ条を。

【福澤心訓】

1.世の中で一番楽しく立派な事は、
        一生涯を貫く仕事を持つという事です。
2.世の中で一番みじめな事は、
        人間として教養のない事です。
3.世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。
4.世の中で一番みにくい事は、
        他人の生活をうらやむ事です。
5.世の中で一番尊い事は、
        人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。
6.世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。
7.世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

でも、これは福沢諭吉の言葉ではないらしい。
誰がこれをつくり、誰が広めていったのか?
文学探偵S氏(違うかな?)は、謎解きに取り組む!アハハ


それにしても、世の中には
「教訓」「心訓」「人生訓」が、本当にいろいろあるのですね。
出てくる、出てくる! 驚きました。

早速_〆(´∀`*)カキコ~


【つもりちがい10カ条】

 1.高いつもりで低いのが教養
 2.低いつもりで高いのが気位
 3.深いつもりで浅いのが知識
 4.浅いつもりで深いのが欲望
 5.厚いつもりで薄いのが人情
 6.薄いつもりで厚いのが面皮
 7.強いつもりで弱いのが根性
 8.弱いつもりで強いのが自我
 9.多いつもりで少ないのが分別
10.少ないつもりで多いのが無駄



【ならぬもの十訓】

 1.忘れてはならぬもの「感謝」
 2.言ってはならぬもの「愚痴」
 3.曲げてはならぬもの「つむじ」
 4.起こしてはならぬもの「短気」
 5.叩いてはならぬもの「人の頭」
 6.失ってはならぬもの「信用」
 7.笑ってはならぬもの「人の落ち度」
 8.持ってはならぬもの「ねたみ」
 9.捨ててはならぬもの「義理人情」
10.乗ってはならぬもの「口車」



【心戒十訓】

 1.人を大切にする人は人から大切にされる
 2.人間関係は相手の長所と付き合うものだ
 3.人は何をしてもらうかより何が人にできるかが大切である
 4.仕事では頭を使い、人間関係では心を仕え
 5.挨拶はされるものではなくするものである
 6.仕事は言われてするものではなく、探してするものだ
 7.わかるだけが勉強ではない、できることが勉強だ
 8.美人より美心
 9.言葉で語るな、心で語れ
10.良い人生は、良い準備から始まる


【健康十訓】

 1.少肉多菜
 2.少塩多酢
 3.少糖多果
 4.少食多歯
 5. 少衣多浴
 6.少言多行
 7.少欲多施
 8.少憂多眠
 9.少車多歩
10.少怒多笑


そして、日常の五心。

*「はい」という素直な心
*「すみません」という反省の心
*「おかげさま」という謙虚な心
*「私がします」という奉仕の心
*「ありがとう」という感謝の心



深いなぁ。

福沢諭吉といえば
「天は人の上に人を作造らず、人の下に人を造らず」で始まる
『学問のすすめ』。
あと、慶応大学の創始者…くらいしか浮かんでこない。(^^ゞ

聖徳太子に代わり、最高額紙幣の顔となった、諭吉翁。
どうやらとっても謎が多い方なのね。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-18 08:26 | Book
コーヒーもう一杯(1)
山川 直人 / / エンターブレイン
ISBN : 4757723024
スコア選択: ★★★★





「明日」に旅立つその前に、一杯の温かいコーヒーとささやかなロマンを。
漫画界の吟遊詩人が贈る、アロマの香る物語。          (帯より♪)


コーヒーにまつわるマンガのシュート・ショート。
(連作ではなく、一話ずつの短編)
短編12話に加えて、Coffee Break(エッセイ)が5話。
山川氏の画には、好き嫌いがあるかもしれない。
でも、読んでいくうちに引き込まれ…
時間の経過をの~んびり、感じながら、ストーリーや画によって、
まったりとした、コーヒーブレイクを楽しめます。  \(⌒∀⌒)/

全体的に、懐かしいような、寂しいような、じんわり暖まるような  
そうですね…心で感じる   心で読んでいるような(?)  
何とも言い表し難い作品でした。(^^;

雰囲気で読み進む…  
流れる時間と空気が、現実から、ふっと離れさせてくれる・・・。
短編ですから、一つ一つはほんの少しの間なのに、
まるで一眠りしたかのように、心が落ち着く。
物語の奥が深くて、後から後からジンワリ。やや苦い。(゚ーÅ) ホロリ 

読みながら、コーヒーを飲み続け・・・・・・
読後は余韻に浸りながら、飲み続け…・・・。
いつものお安いコーヒー豆が、
なぜか高級ブルマンの味に変わっている錯覚を。 アハハ


とにかく、コーヒー好きには、もってこいの作品。 (゚▽^*)☆
コーヒーは好きでも嫌いでも・・どちらでもない人は、きっと…
好きになってしまうかも。 (^▽^)

個人的に… 
「夜の子供たち」の主人公が歌う♪
      ♬♪♬♪ 夜寝ない子のともだちは 星と猫とお月様 ♬♪♬♪
      ♬♪♬♪ 夜寝ない子が怖いのは 風とカーテン時計の音 ♬♪♬♪
に、ジーンときました(苦笑)  


そう言えば、忘れていました! まえがきのような一文に
著者がボブ・ディランを愛していることが、記述されています。 フフフ
本書のタイトルもボブ・ディランの曲目から付けたのだそうです。


ボブ・ディラン…  ボブ・ディラン…   ボブ・ディラン・・・  !!!
     
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪   閃いたわ! 
山川氏!コータロー氏と共に、深~く熱く、語れるのではないかしら~! 
ね?! アハハ  


追記:
本書はⅢまで刊行されています。 ⅡもⅢも素晴らしい読後感を得られます。
是非、三冊、読んで見てください。
画像、貼り付けまぁ~す(*^^)v

e0115884_11344395.jpg
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-16 11:41 | 絵本 & Comic
イナイ×イナイ
森 博嗣 / / 講談社
ISBN : 4061825313
スコア選択: ★★★★





面白い。
この際、Gシリーズはもういらない。

森ワールドの伏線を楽しむことや
他のシリーズとの繋がりなど、森ファンとしては
気になることは、気になるが…。
海月くんのことも、もっと知りたかった。が、
けど、いいや。Gシリーズ終了ね!

ってなくらい、面白かった。


結構期待していたので、
またしても期待過多で終わってしまうかと
思いきや!  読ませました! 
森氏、いい仕事していますね~(゚▽^*)☆
とにかく、みなさん! 読みましょう!  必ず読みましょう!
(あっ、読書の絶対条件は、森ファンってことでね!)


登場人物の中に
「 椙田泰男 」  「 真鍋瞬市 」 という名前が。
ファンなら「オヤ?」な二人ですね。
椙田氏は、別にしても、真鍋くんは…  (ノ´▽`)ノオオオオッ♪
Gシリーズの最新刊 『 ηなのに夢のよう 』 を
既読の方には、「フフフ」な人物です。

Gシリーズは、犯人は特定出来ないシリーズ。
事件性は理解できるのだが…。
普通のミステリィではなかった。
比べると、このXシリーズは、ミステリィ。
でも、ヒロシ、っていうか…森先生ですから…ねぇ。
ミステリィの形をしているが、実はミステリィではない…
な~んてことに、なるのかもしれませんね(笑)


椙田事務所の留守番ボランティア・美大生の真鍋瞬市と、
椙田の助手・小川令子。二人がメインで、事件は語られます。
また、事件の解明は今後に発展する感じ。
本書の中の事件は、とりあえず解決しているし、
ひとまずの区切りはあるのだが…。 疑問は多々残る。
と言っても、読後感はそんなに悪い気はしなかった。

XシリーズもGシリーズと同じように、
全巻刊行終了→完読→その後…
初めて全貌が明らかになる!って感じの作品ですね。
もう少し何冊か刊行されてから読むのも良いのではないかな?とも、思う。
まっ新刊が出て、読みたい気持ちを抑えられればの話ですが。 
無理だ。  アハハ

本書は前述の二人が主軸だったので、椙田氏の活躍は見られず仕舞い。
残念…。寂しいなぁ。
でも、やっぱり最後はエピローグ♪   
ホント森作品の「エピローグ」は面白い!本編よりイイときも…あるもの。
W大へ赴任一ヶ月弱の萌絵ちゃんが登場!
萌絵から逃げまどう椙田が可愛くてたまらない。
椙田の狼狽振りに、クスクス笑ってしまいました。


今後、絡みが楽しみなシリーズでもありますね。
はっきり言って、Gシリーズがいまひとつな私。
本書Xシリーズが、今後楽しみで仕方がない。
次作! 『 キラレ×キラレ 』 が待ち遠しい。


『月は幽咽のデバイス』と『黒猫の三角』が浮かんだわ。
何処とな~く、感じが似ていたなぁ。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-15 13:49 | Book

『憑依』 吉村達也

憑依‐HYOU・I
吉村 達也 / / 角川書店
ISBN : 4041789869
スコア選択: ★★★




「私には、手足胴体をバラバラにされた女の子の霊が憑いているの」
岡本龍一は、夜の六本木で知り合ったばかりの月舘未知子から、
信じ難い話を聞かされた。
そして目の前で実際に起きる憑依現象!
死者が取り憑いた彼女から「私を殺したのは、あなたのお父さん」と
告げられ、驚愕した龍一は父の正晴を問いつめた。
すると、意外にも父は二人の女性の惨殺を泣きながら白状!
理由は語らぬまま、次の標的は未知子で、
その運命はもう変えることができない、と語った!  <書き下ろし>


うーん、ある意味、新鮮で面白かった。
過去、読んできたホラー作品は、
殺人者や殺人鬼、猟奇殺人のようなものばかりだったので
「霊」が操るホラーは新鮮だった。

この作品のネックは「生霊」。
「生霊」は死者の霊が取り憑くことより、更に恐ろしいのだそうだ。

ホントに怖かった。
狂人的で精神異常者のような犯罪は、理解できない世界。
よって、避けることも、逃げることもできない、怖さ。
異常なまでの執着に、ゾーっとしっ放し。
「生霊」の圧倒的な力には、生身の人間は敵わないのね。

吉村氏の描く世界には、何気にリアルさがある。
「霊」の存在は否定しないが、霊感もなにもない私には、
もしかしたら、どこかで起こりうることなのかもしれない…
と、そんな気にさせられた。
実際、霊感がないことに、そっと胸を撫で下ろしたほど。

『不幸な人間は、幸せの最期をいつまでも覚えている』
読めばこの意味が、この辛さが分かります。  こうはなりたくないが。

恋愛を始める人も、結婚を考えてる人も
ある意味、考えさせられる一冊になると思う。


作品には、かなり好き嫌いがあるかも知れないが、
本書だけに言えることではないので。
「生霊」による、異常な思考の恐怖を体験したい方には、オススメ。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-09 10:33 | Book
■タナー家
【ダニー】―Daniel Tanner (Bob Saget)
DJ、ステフ、ミシェルのパパ。
仕事はTV番組『おはようサンフランシスコ』の司会者。
ひどいくらいの綺麗好き!妻・パメラを交通事故で亡くし、
その後はジェシーとジョーイと共に子育てに大奮闘の日々。

【ジェシー】―Jesse Cochran (John Stamos)
ダニーの妻・パメラの弟。
パメラが亡くなった後、ダニーの子育てを手助けするためタナー家に同居。
仕事はロックシンガー。ヘアーセットにはかなりのこだわりアリ。
末っ子・ミシェルと大の仲良しで、彼女からは『おいたんっ』と呼ばれている。
後にレベッカと結婚。

【ジョーイ】―Joseph Gladstone (Dave Coulier)
ダニー、ジェシーと小学校からの親友。
彼も又、子育てを手伝うためにタナー家へ。
売れないコメディアン。モノマネが大の得意。(特にポパイ)
子供が大好きで、いつも3人の子供達を楽しませている。

【DJ】―Donna Jo Tanner (Candace Cameron)
タナー家3姉妹の長女。成績優秀。変わり者のキミーと大親友。
次女・ステフとは喧嘩も多いが、実は優しいお姉ちゃん。
沢山の恋を経験している。

【ステフ】―Stepheie Tanner (Jpdie Sweetin)
タナー家3姉妹の次女。姉・DJに憧れるおしゃまな女の子。
すごくお喋りで、どんな時でも口が開いている。
『How Rude!(超ムカツク!)』が口癖。

【ミシェル】―Michelle Tanner (Mary-Kate & Ashley Olsen)
タナー家3姉妹の末っ子。
おかし大好きで、クッキー&アイスクリームには目が無い。
格好つけて『You Got it, Dude!(OKベイベー!)』 『Dah!』というのが口癖。
少しワガママだが、そこがまた可愛い(笑)

【ベッキー】―Rebecca Donaldson (Lori Loughlin)
ダニーと共に、『おはようサンフランシスコ』の司会者。
それがきっかけでジェシーと出会い、後に2人は結婚。
双子の男の子・ニッキー&アレックスを授かる。
タナー家の子供達は、優しい彼女をお母さんのように慕っている面も。

【パメラ】―Pamera Tanner (Christie Houser)
ダニーの妻で、3姉妹のママ、ジェシーの実姉。
ミシェルを産後すぐ、飲酒運転の車による交通事故で命を落とす。

=========================

■その他の身近な人達
【キミー】―Kimberly Giccler (Andrea Barber)
タナー家の隣人。幼い頃からのDJの大親友。
面白くて変わり者。足が非常に臭い。

【スティーブ】―Steve Hale (Scott Weinger)
DJのBFだったこともアリ。とにかく大食い。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-02 14:05 | Diary 
ストレイト・ストーリー
リチャード・ファーンズワース / / ポニーキャニオン
ISBN : B0000A4HSJ
スコア選択: ★★★★







1994年、NYタイムズに掲載された実話を基に、
巨匠デヴィッド・リンチ監督が、
ユーモアとペーソス溢れるタッチで描いた感動の
ロードムービー。(1999年 アメリカ)

主人公は、アメリカ・アイオワ州ローレンスに住む
73歳の老人アルヴィン・ストレイト。
ストレイトは娘のローズ(軽度の知的障害有り)と暮らしている。
彼は不摂生のためか腰が悪く、家で倒れても
人の力を借りなければ立ち上がることもままならない。

ある日、そんな彼のもとに、
76歳の兄ライルが、心臓発作で倒れたという知らせが入る。
10年来、仲違いをしていた兄に会うため、
アルヴィンは周囲の反対を押し切り、
たったひとりで、時速8kmのトラクターに乗り、
旅に出ることを決意する。

兄が住む家までの距離は350マイル。(560キロ)
彼は壊れたトラクターを購入しなおし、
即席のトレーラーを牽引しながら、一人で果てしのない旅に出た。
夜には火を焚き、自転車に追い抜かれ、彼の長い旅路は続く。
なぜ自分の力で行こうとするのかは、
アルヴィン・ストレイト老人と旅を続けるうちに次第にわかります。

一言で言うなら…
老人がトラクターで560キロを旅をする。
ただそれだけのお話(笑)
車なら一日で行ける距離なのに、
時速8キロのトラクターでは、なんと6週間の旅だ。

この作品では、いくつかのエピソードはあるが、
それらが全て、何かを押し出してまで主張してはいないと感じた。
まるでロードムービーの流れの強弱として存在するだけのような、
さり気ないメッセージ。
でも、そのエピソードのひとつひとつがとてもシンプルで味わい深い。
気付くとポロっと、泣いていた。
出会う人々に、生きることや愛することを説き、
深い感銘を与えながら旅をしていく… (゚ーÅ) ホロリ
ストレイト・ストーリーは、真っ直ぐな、ストレート・ストーリーです。

ちりばめられたエピソードの中で、
特に私の心をグッと掴んだ箇所がある。

途中の町で、アルヴィンのトラクターが故障してしまうの。
修理が終わるまで、救いの手を差し伸べてくれたのは、ダニー。
アルヴィンは、彼の家の中庭でやっかいになるの。
でも、決して家へはあがらない。
電話を借りても外へ出て使い、代金も支払うの。
ダニーが車で送ると言ってくれたが、断ります。
ダニーは、アルヴィンの考えを受け入れます。
この距離感が素晴らしい。
朝早く、出発したアルヴィンの姿を、
ダニーは窓から黙って見送るの。 (゚ーÅ) ホロリ
涙が止まらなかった。

最大の山場であり、感動のラストシーンは…
もちろん、観てのお楽しみ。      

最後に、多分有名なセリフを。

ある夜のワンシーン。
焚き火に当たり会話をするアルヴィンと若者。 
「 では年をとって最悪なことは? 」
との若者からの質問に、アルヴィン答えていわく…
「 それは、若かったときのことを覚えていることだ。」     
とても印象的でした。

アルヴィン・ストレイトは、とても頑固。
また同様に、とてもキュート。
まったく笑顔を見せないし、言葉数も… とても少ない。
なのに、不思議だ。 
物凄~く魅力に溢れたおじいさんなんだもん。(〃▽〃)

リンチの作品だとは思わずに、
邪念を払って素直な気持ちで観ていただきたい。

お察しの通り、全体的に単調極まりない。 
でも、頭ではなく、
心と身体で感じ取る、 震える感動を味わえます。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-02 10:21 | Movie
COMICAL MYSTERY TOUR 4 長~~~いお別れ
いしい ひさいち / / 東京創元社
スコア選択: ★★★★



以前、このコミックの1巻・2巻を
友人に薦められ読んだことがあった。
先日、立ち寄った書店で4巻を見つけ、
懐かしくなり購入しちゃった!

記憶では…
名作や旧作のパロディだった1巻・2巻。
どうやらこの4巻は違う感じ。
ここ数年のお馴染み本のパロディばかり♪
タイムリーなのでちょっとワクワク。
クスクス&プっと吹き出しながら♪ 
一気に楽しめました。\^○^/

近刊ばかりでなく、古今東西の超名作の数々を
ものの見事にバカにし…
いや、茶化しまくっているわ。
普通では考えられない切り口なので、少々心配に…。
ここまで言ってしまって、大丈夫なのかしら?
まぁ、4巻まで無事?
に出版されているのだから…
問題はないのでしょうけど。 アハハ

1cmに満たない薄い文庫ですが、内容は盛りだくさん!
日本篇と海外篇に区切られ、
取り上げている書籍の数なんと 87作品。

基本、4コマ・マンガですから、
多作になって当然ではありますが。(^^;
いしい氏・・読書量すごいのね。
仕事とはいえ、ホントにすごいなぁ。

読んだことがある作品では、
「はぁ?なんでそうなるん?」とか。
「うまいわ!」とか。     「アホ」とか。

未読の作品には興味を持てます。
「絶対こんな内容は出てこないんだろな。
     本当はどんなトリックなんだろう・・・」
「まじ?違うよねぇ?ありえない。確認しなくちゃ」  
って、終始そんな感じでした。

私が個人的にツボに入ったのは、
『半落ち』と『看守眼』。 横山氏の二作品。
『ZOO』と『GOTH』乙一氏の二作品。 
それから思わず吹き出したのが、
『容疑者Ⅹの献身』。これ、東野氏もきっと笑うわ。
海外作品は未読ばかりが目に付く…
原書を読んでいないから気になって仕方ない。;;

読書の幅がまた広がりそう。
またしても未読&積読が増えていく・・・・(泣)
悪循環だわ。 アハハ
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-01 18:41 | 絵本 & Comic