読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東京物語 (集英社文庫)
奥田 英朗 / / 集英社
スコア選択: ★★★★





80年代、名古屋の田舎から上京し、東京で暮らす青年
田村久雄の青春グラフティ。
本書は18歳~30歳目前までを断片的に綴った
6編の連作短編集だ。

連作短編なのに一話一話の繋がりが、繋げ方が、
もう上手すぎる。 奥田氏天才ですね。


先ず21歳の田村久雄からはじまる。
世間ではジョン・レノンが殺されたと騒いでいる時
「忙しくてそれどころじゃない」と言い放つ(笑)
彼は一応、駆け出しコピーライターなのだが、
社内でこきつかわれまくりの雑用社員だった。
若さには、強靭なパワーがあったなぁ~!
と、思いながら読み進むと… 

次いで18歳の上京、浪人生活。
そのまま19歳の大学生活に展開する。
因みに背景は…
18歳では、キャンディーズの解散コンサート。
19歳では、江川卓がプロ初登板を。

この遡り方は、実に上手い!!!

読者は大学生である久雄が、この後中退を余儀なくされ…
寝る間もないほど多忙な日々を送ることを知っているのだ。

ちょっと切なくなる19歳に思いを寄せていると…
次には、いきなり22歳になっている。

これがまた最高!

一年前の21歳、あんなにこき使われていた久雄が
部下を持ち、お山の大将気取り(笑)
自信過剰で、常に己の若さをマイナスと考えている。
早く25歳になりたいと気を病む、天狗くんだ。
読んでいて「おい、おい」って声出してしまった。
でも、よく分かる。
若くして仕事を任され、即戦力として過大評価を受ければ…
実力主義社会は、初心を忘れる世界だもん。ね。
ここでの背景、
オリンピック候補地争いが、またいい味をだしている。

その後、久雄は25歳に。
プロダクションは辞めており、独立。
フリーのライターを生業に、仕事も順調だ。
それなりに満足した人生を歩んでいる。
が、ここでは名古屋に住む久雄の母、母の友人、その娘…
と、女性の話に終始していた。
面白い。
名古屋人とは? 答えの全てが書いてあるわ(笑)
背景は、新日鉄釜石(ラグビー)が七連覇を達成し
角界では、北の湖が引退をした。

ラストは、29歳。二週間後に30歳の設定だ。
私はこの「バチェラー・パーティー」が一番好き。
背景で描かれるバブル期、ベルリンの壁崩壊…
久雄の仕事とも相まって、しんみりさせれられた。
友人の結婚前夜と、歴史的な大事件との絡め方が
絶妙でした。



ギリギリ同世代といえる私は、共鳴しっ放しだった。
本書の魅力は、何といっても時代背景。
主人公を取り巻く仲間や、仕事環境もそこそこ楽しめるが… 
歴史には勝てなかった(笑)

こういった時代を色濃く扱った作品に出会うと
自分の人生も振り返ってしまいますね。

残念ながら、若い世代の方には…もしかしたら
好き嫌いが出てしまう作品かも。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-27 09:36 | Book
文学賞メッタ斬り!
大森 望 / / PARCO出版
ISBN : 4891946822
スコア選択: ★★★★






一言で表すとしたら、『読書ガイド』かな? 
単純に、参考になる。これ一冊あれば
何も悩まず読書家への王道を歩めますね。

自分にはどんなジャンルが合うのかが、
モヤっとしてよく分からない。
たくさんの書籍の中でも当たり!って
確立が高い作品が読みたい。失敗はしたくない。

そんなの平気♪平気♪  この本読んで。
本書の購入を決めたこと、大正解!になるわ。

読みながら、中断に中断を繰り返した。
これも。わぁこれも。これも、これも、これも、
これも、これも、これも、これも・・・・・
「購入」希望リスト、満載です。削除が難しい(笑)
それに、ダメ!って
二人から批判された作家や作品に対しても
読んでみた~い♪って好奇心が。 それはもう
どうにも押さえきれなくなっちゃって。
×印付でリストアップしたわ。
リスト、もちろん全部購入なんて出来ないけど
徐々に読んでいきます!


内容は、簡単に言うと、
翻訳家として大活躍されている大森望さんと
書評家で超有名な豊崎由美さんの対談集です。

お二人がまるで漫才のような語り口で、
他を一切無視した必殺談義を繰り広げています。

注目は、多数の方々が賛辞を送っている へへ;
「ROUND4 選考委員と選評を斬る!」。
選考員をどうにかしろ!ってね、
大御所の選考委員をバッサバッサ斬りまくっています。

~抱腹絶倒~

では、一例をば♪
ROUND1から!
芥川賞の行方を左右している選考委員・テルちゃん
(宮本輝氏)!に対して。

豊崎さん
「ここまでわかりやすくすりゃあ、いくらなんでも
宮本輝でも読めるだろうみたいな。
とにかく今、芥川賞の行方を左右してるのは宮本輝なんですよ。
とりあえず、テルちゃんに読ませなきゃいけないわけ。
テルちゃんでもわかる日本語、テルちゃんでもわかる物語、
それが芥川賞への近道(笑)。」

芥川賞狙ってらっしゃる方、相手はテルちゃん♪
だそうですよ。ハハハ


更には・・・話題のROUND4☆でも

「テルちゃんさあ、多分世界文学とか読んでないもん。
このひと、いわゆる新しい小説なんてものを絶対読まない
ひとだからさあ、なんで芥川賞の選考委員をやってるのか
わからない。直木に回れよ、直木にっ。
笙野頼子『タイムスリップ・コンビナート』(1994年第111回)の時、
テルちゃん“何が悲しくて私はこんな小説を読まされなくては
ならないのか”って名言を吐いたんですけど、そんなもん、
笙野頼子からすれば、何が悲しくてこんなバカに
小説読まれなきゃいけないのかってことですよね(笑)。」


あっぱれ。


とまぁ、良いこと尽くし&面白尽くしの 
『文学賞メッタ斬り!』 如何ですか? 
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-26 14:52 | Book
あくむ (集英社文庫)
井上 夢人 / / 集英社
スコア選択: ★★★






ホラーはホラーかもしれないけど、サスペンスだね。
現実と非現実の境目が分からなくなる恐怖三昧。
気持ちの悪~い怖さだった…。

4つの色でタイトル付けられた作品と、
インビジブルな作品からなる、5つのホラーストーリー。
描写も会話も、夢人氏の手にかかると妙にリアル。
映像がはっきり浮かんでしまうので、面白さが増します。


「ホワイトノイズ」
主役は盗聴器。
盗聴に病み付きになる男性の目線で描かれている。
盗聴によって出会った(?)女性が恐喝をされる。
彼は事件を阻止し、犯人を捕らえようとする、話。
きっと彼だけなのだ…と、読めはするが。
脳の神秘をも感じた。

「ブラックライト」
交通事故の被害者の目線で繰り広げられる、
ハラハラ&ドキドキの誘拐劇。
かと思いきや…。
死の宣告と同義なのね。
彼の身に、現実に起きている事件だ、と思ってあげたい。

「ブルーブラッド」
高校教師は世を忍ぶ仮の姿。彼は吸血鬼。
怖い。(?)
夢や妄想と現実の区別がつかなくなると、人はどうなるんだろう。
それにしても…血の描写が、たまらなく気持ち悪い。

「ゴールデンケージ」
一番のお気に入り。
対極に生きる兄弟の、生き方を綴った物語。
優等生の兄・賢介と、劣等生の弟・優介。
二人は二歳違い。 財閥の御曹司だ。
読み進むうちに兄弟其々に惹きつけられて、
結末には、空しくもなり唸ってしまった。
兄の状態は読めてしまったが、結末までは…。
ふと、読み返したくなる物語。

「インビジブル ドリーム」
駱駝座という劇団のカップルの物語。
彼女が見た夢が、彼の身に現実に起こるのだ。
予知夢? 正夢? 
夢と現実に微妙なズレがあるので…
何とも言えない、こじ付けのような共通性なので。
展開を予測できなかった。でもまさかナマコとは。
彼が、可哀相だった。


あっという間に読めるが、
全編を通して話も読めてしまうが、面白い。
ホラーの怖さはあまり無いが…
深夜に読むと、ちょっとは怖いかも(笑)。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-18 10:50 | Book
左右のページを比較して7ヵ所の間違いを探し出す絵本♪

『ミッケ!』の方が有名かな? まぁ、同じような絵本です。

我が家は『ミッケ!』には目もくれず、
この『どこどこ?セブン』のシリーズがお気に入り。

写真がGOOD
製作スタッフの苦労が垣間見えます。アハハ

その上、レベルが結構高い。
容易く7ヵ所、見つけられない。 結構悔しいのだ…。
あっ!でも、中には簡単なところもあります(^^;

全体的な難易度は、高いのではないでしょうか?



◎其々のタイトルです♪ (自由国民社・刊行)

『どこどこ?セブン』
『どこどこ?セブン ②クリスマス』 
『どこどこ?セブン ③ともだち』
『どこどこ?セブン ④こわい?!』
『どこどこ?セブン ⑤どうぶつ』
『どこどこ?セブン ⑥ゆめ』
『どこどこ?セブン ⑦いろんなくに』
『どこどこ?セブン ⑧たからさがし』

 ~~~以下、続刊。




でも…考えてみると、最近このシリーズで遊んでいない・・・。
久しぶりに遊んでみようかな。
息子、相手にしてくれるかな…。 
帰ってきたら聞いてみよう。 



補足★
『どこどこ?セブン』シリーズの文字は、
表紙・目次・各頁の全て、日本語と英語の二行で記載されています。
国外の方でもおもいっきり!楽しめますよ。

是非、まず最初に目で楽しんで♪
次に、皆との間違い探しで、熱~くなってください♪

読書の秋の“遊び”部門として(笑)お薦めです。(゚▽^*)☆




e0115884_9583112.jpg

     ★1枚目★シリーズ①~④

e0115884_95858100.jpg

     ★写真2枚目★シリーズ⑤~⑧+小さいサイズのもの。

  『カブト&クワガタまちがいさがし!』はなんと…
  息子たっての希望で、一昨年だったかな?同じ絵本を2冊購入(笑)
  1冊は、車内専用。もう1冊は、自宅用。( ☉_☉) パチクリ
  園児の頃、息子のお気に入りの一冊でした。(過去形)
  今は目もくれない;;

e0115884_9591520.jpg

     ★写真3枚目★  「⑦いろんなくに」より
      8どうわのくに 頁の見開きです。可愛いなぁ~☆
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-15 22:12 | 絵本 & Comic
哀愁的東京
重松 清 / / 角川書店
ISBN : 4043646046
スコア選択: ★★★★★




帯に
 これが―― 。
 僕が出会い、見送ってきた「東京」。
 生きる哀しみを引き受けた
 おとなのための“絵のない絵本” 

とあった。
その通りだった。

人間の寂しさを描いた、大人のための絵本でした。

80年代の東京を背景にした9つの物語。
連作長編という仕様だが
一冊で一遍の小説と言ってイイと思う。

主人公、進藤宏40歳。
18歳で上京し、フリーライターを稼業としている
元・絵本作家(自称)である。

5年前、妻は娘を連れて、アメリカへ。
母子はボストン在住。  そう、別居中。
随所に中年の一人暮らしの寂しさも満載。(哀)

進藤が絵本作家として最後に出版し、
栄誉ある賞を受賞した作品『パパといっしょに』が
9つの物語全てのベースになっている。

9つの出会いそれぞれに『パパといっしょに』が絡み
出会った人が全員、満身創痍の人生を歩んでいる。
進藤自身の人生も垣間見ながら…
人間の持つ、強さも弱さも余すことなく描かれている。

全体的に物静かに、どちらかというと陰な雰囲気の作品。
読み方によっては、登場人物たちに向かって
エールを送り続ける人もいるだろう。
でも大半は、進藤の人生を我が身にリンクさせ…
どっぷり寂しさと切なさに身を投じると思う。
だが、重松作品の凄いところは
「私の方がまだましかも…」と思わせておきながら
実は、「そんなことはないんだぞ!」
と、最後には訴えてくるものがあるところだ。
でも、決して空しくはない。

最初から最後まで、寂しさに溢れる作品だが
最後には前向きな姿勢に胸を打たれた。

この作品の最終章は、派手さはないが、
とても感動的。


作中、唯一編集者のシマちゃんだけは違った。
出版社入社二年目のぽっちゃりしたお嬢様。
人生の終わりを迎える大人たちの中で
彼女の屈託のない明るさは、本書の中でキラキラと
光り輝いていた。 とてもステキでした。


最後に、シマちゃんが進藤に提案した心理テストを。
ルールは簡単!
「ボウ」と読む漢字を思いついた順に5つ書き出すのだ。
「帽」や「棒」はメジャーだから省くんだって。

四十前後のサラリーマンテストで多かったのが
「防」「忙」「乏」の三字。
いまの生活を守って、毎日毎日忙しく働いて、
でも貧乏なの。というのがシマちゃんの解釈だ。

ちなみに、シマちゃんは「冒」「望」「呆」の三字。
彼女の解釈はこうなるらしい(笑)

「部長の反対を押し切るというリスクを冒して、
 毎月、かすかな望みを持って仕事場を訪ねて、
 なーんにも進んでないのを知って呆然とする…
 って意味じゃないですか?」

シマちゃん、最高です。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-15 11:15 | Book
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)
荻原 浩 / / 双葉社
ISBN : 4575508454
スコア選択: ★★★








「タフでなければ生きて行けない。
 優しくなければ生きている資格がない。」

チャンドラー(マーロウ)ファンは
噴出す要素満載です。  ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ
物凄く… つまらないし、くだらない物語。
なのに… 惹かれる。 
知らぬ間に… キャラの魅力の虜だった。

読み始めは、失敗かな!?と、残念な気分になった。
しかし、途中からコメディを読んでいる錯覚に陥り…
ハードボイルド作品を期待して読むとNG。
ハードボイルドは、あくまでも笑いの要素としての
ハードボイルドですからね!   \_(・ω・`*)ココ重要!

フィリップ・マーロウの受け売りをモットーに
探偵を営む 最上俊平。
そして、美人秘書 片桐綾。

とにかく、かっこばかりつけている探偵さんと、
その秘書になった綾さんのドタバタコメディー♪

そうか、コメディじゃん!と、笑っていれば…
ユーモラスな文体の中に、深い問題がドンっと盛られていて。
笑いながらも、考えさせられる問題の重さに、唸ってしまう場面も。

筆力が凄い!の一言。 読ませる力が半端じゃなかった。

本書のジャンルは何になるのだろう。
推理小説?ミステリィだとしたら、最悪だわ。
ちっとも面白くないもん。 アハハ
エンタメ系で走り抜けたって感じの作品ですね。

現在、『長いお別れ』再読したい気持ちに駆られています。
今年3月の刊行当時から気になっている春樹氏の『長いお別れ』
じゃなかった 『ロング・グッドバイ』 ね! やっぱり欲しいな。


あっ最後に一言。
私、主人公は綾さんだと思うわ。(笑)
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-13 17:18 | Book
てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選
我妻 俊樹 / / ポプラ社
ISBN : 4591096998
スコア選択: ★★★★★






先日注文していた、待望の本書が届きました。
早速、ワクワクしながら読みました。
帯には…京極先生の言葉が!凄い! 凄い!最高!

占い師曰く、掌には
人の営みのすべてが映し出されるという。
そこには幸福があり不幸があり、
感情のすべてがあり、
生と死がある。
「てのひら」には運命が刻まれている ──
                (カバーより)

はじめに(東 雅夫『幽』編集長・ならびに本書編者)によると、
怪談といっても…
「てのひら怪談」は、怖い話、不思議な話、奇妙な話をテーマに、
上限800字で書き綴られた、小さな物語なのだそうだ。
本書は2003年の夏、オンライン書店ビーケーワンから誕生。
「ビーケーワン怪談大賞」が母胎です。発足以来公募を重ね、
この度、過去四年間の応募作より
選りすぐりの名作佳作100篇を収録し刊行されたそうです。

800字という、見開き二頁に収められた作品は、
何処から読んでも、何処を開いても、一瞬にして癒されたり、
溜め息をつかされたり、または(゚ーÅ) ホロリとさせられたり。

ノンフィクションのようなものから、心温まるエッセイのようなもの、
また、ゾクッとするような怖い話や、
ミステリアスなショートショート風なものまで。
一話ごと一話ずつ、違ったカラーを楽しめました。
また構成がいい!
100篇の編み方、繋げ方が、物凄くいいの!流石です。上手いわ。
とにかく、選び抜かれた傑作が、盛りだくさん♪
最高にお得な感を、体験させられました。

六十六名の手により生み出された、100篇。
きっと、この中には、必ず何かを与えてくれる作品があります。
私も100篇中、8作ほど「お気に入り」に出会えたわ。
皆さんも「何か」と出会えるはずです。
ゆっくり楽しんでみてください。

今後、六十六名の方々をはじめ、新規投稿者によって、
この800文字という斬新な手法が「短歌」や「俳句」、
「ショートショートの広場」に続くムーブメントに
なっていくと、とても嬉しい。 

編者も関係者も、みなさん
新たな文芸ムーブメントとしての定着を狙っています!
一読後「書きたい」「書いてみたい」という気持ちに駆られた方、
さあ!書いて!書いて!
どんどん、応募しましょう。
 
読者ファンとしては、
文才に恵まれた多くの方々に、本書を手にしていただき、
是非、「執筆→投稿」していただきだきたい。 と、願っています。
作品が寄せられる限り、「てのひら怪談」は続くのです。
 
読む楽しさは、抜群。
中学生以上には、オススメ間違いなしです。
息子にも、先々必ず贈りたい!と強く思いました。

なお、「おわりに」によると、
選考会の模様や作品の講評を、ビーケーワン内に設置されたサイトで
読むことができるそうです。 → http://blog.bk1.co.jp/kaidan/


では最後に、再販後、帯に掲載された京極氏の文を。

「てごろ。でも、てごわい。
 てつかずの、うぶもの怪をてしおにかけて。
 つい手にとっちゃいますね。」
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-05 12:16 | Book
えー、先ずは 『 卒業 』 から。
面白くないし、怖くなかった。 ホラーなのに…。これでイイの???

哲学的な内容が、ダラダラ続き、何となくで読み進んだ。1時間強で読了します。
何てったって、三部作(笑)  一部がこんな感じでも、今後はきっと! アハハ
まだあと、二冊が控えているもの。きっと大丈夫よ。読もう! ガマン、ガマン。

高校の卒業式の日に、
自殺をするためバイクに乗って家を出た少年、神保康明氏の話。
樹海に入り、死を決意する(首吊り)。が、
クラスメイトや英語の女性教諭への、深い恨みが溢れ、
自分が受けたいじめを暴きたい気持ちに駆られる。 
彼は街まで戻り、便箋に怨み辛みたっぷりの遺書を書くことになる。
老人や女の子の出現から、自殺を思い留まり… 遺書を埋葬する。

そんな少年も大人になり、結婚をし、妻と娘と幸せな家庭を築いていた。
ある日、彼の頭に「声」が直接語りかけてくる。
康明の奇怪な行動。 真美ちゃんの異変。 

怨みや憎しみのもつ、「記憶に関する哲学」が本書のテーマ。
吉村氏のスラスラ進める文体は、多少哲学的であっても、読みやすい。ww

さて、どうなる?

とてもスッキリ完結とは言えない。 これで終わり? って感じ。
消化不良を起こす作品なので、
手元に次作の 『 樹海 』 を用意した方がよい。 すぐに欲しますよ。



で、はい、 『 樹海 』 です。

『 卒業 』 から20年が経過している。  そう、20年。
3歳だった真美ちゃんが、24~25歳。
大学の研究室で助手として生体電磁波の研究をしている。
本書は、前作では生まれていなかった、真美の弟であり
神保康明の長男である、神保透の周辺がメイン。

彼は、20歳の大学二年生だ。 
村木ルイという高校二年生の彼女が、一ヶ月に一度悪夢に魘されている。 
それも毎回同じ夢。
ルイの悪夢を、物語の軸に、
隠された過去の真実を求め、暴くというストーリー。

主に、電磁波と共に進化する人間について、
「記憶」と「記録」についての考察が語られている。
また、メタル・ベンダー(金属を曲げる超能力)や、
自殺者を予知する能力などが出てくるが、
ルイの現象を電磁波で説明付けする大胆さは、かなりのもの。 フフフ

本書は、単独でも充分楽しめます。 保証します。
ラストは、絶対に誰も予測できないはず。 ステキなラストにじーんときたわ。
ホラーというより、ミステリィ色が濃い…  いや、SFっぽいかな~。

※文庫のカバー(表表紙)には、特殊加工が。 暗闇で一部が発光するの。
 驚いたというより、をぉぉぉぉぉ! って感じでした。 (^^;

『 樹海 』 で結構満足してしまったが、三部作ですものね。 はい、読みました。


そんなこんなで、三部作ラスト 『 時計 』 。
つまらないのよぉ~。 でも、最後だものね。 
神保家の行く末は気になるわ。 頑張りました。 
まっ吉村氏の文体だから、読めたんだけど。サラッと読める。 しかし、キツイ。  
そうそう、読後すぐの感想は 「なんじゃらほい? ほいほいほーい!」。

『 卒業 』 『 樹海 』 から続く、神保一家の壮絶なストーリー。 
またしても…この一家を中心に可笑しな奴らばっかり。  
人の進化に関して、少しは考えさせられたりはしたが。 理屈がちょっとねぇ。 
私が素直じゃないからでしょうか…? 
でも、在り得ない感が強すぎたわ。 (〃´o`)=3 フゥ  

本書、単独では理解できないかもしれない。
三部作としてだけではなく、其々でも一作品として成り立っている、
そうだが…うーん、無理だろう。     
先にも書いたが、『 樹海 』 だけならば、単独でイケルと思う。
『 時計 』 は…NGだ。 話の展開に、無理も多いし…。
前二作の底辺がなかったら、もっとつまらないよ。
よって、決して単独では読まない!って、注意事項と言えるのではないかな!?

本書は、何を書いてもネタバレになってしまう…。 前作からの伏線もしかり…。
上手く書けませーん。  
もっと長編にして、幅を持たせた方が楽しめそうなテーマだった。
 
「人間はコンピュータ」 何となく納得させられてしまった。


吉村氏は、
あっという間に読ませてくれるので、三部作といっても然程時間は掛からない。
ホラーとは言えないほど、怖くなかったのも、よかったかも~(爆)
20代半ばの、若~いママ友さんのご推薦だったので、ワクワクして望んだのだが…
期待過多、以前の問題かも。 おばさんには、無理だった見たい。 (人・;)



トータルでは、★3つくらい。

e0115884_1633747.jpge0115884_16333567.jpg
e0115884_16335730.jpg
[PR]
by merrygoround515 | 2007-06-04 08:12 | Book