読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

翳りゆく夏 (講談社文庫)
赤井 三尋 / / 講談社
ISBN : 406275469X
スコア選択: ★★★★




胸に響くものがありました…。



「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」。
週刊誌のスクープ記事をきっかけに、大手新聞社が、
20年前の新生児誘拐事件の再調査を開始する。
社命を受けた窓際社員の梶は、犯人の周辺、被害者、
当時の担当刑事や病院関係者への取材を重ね、
ついに“封印されていた真実”をつきとめる。
(「BOOK」データベースより)


とても読み易い! 
後半からはすーっと流れるように終盤までノンストップ。
実話以上のリアリティがあって鳥肌。
展開の早さ、構成が本当に上手い。
キャラの魅力にもどっぷりと嵌りました。
読ませる力は絶大ですね。

親の立場になって、唸り、苛立ち、叱咤激励し…
子の立場になって、エールを送り、号泣。号泣。号泣・・・

読み応えは充分。
人間ドラマの切なさで胸がいっぱいになってしまい、
気持ちを思うと・・・辛くて堪らなかった。


でもちょっと残念なことが。
ううむ。 なんて言ったらいいか…
伏線がね、ちょっと張られすぎていますね。
これでは途中で犯人が分かってしまう人も
多いのではないかしら。
ですが、登場人物の魅力に取り憑かれて、
物語にすっかり入り込んでいるはずなので(笑)
分かった上でなお、楽しめる作品でもあります。

東西新聞社の杉野社長、なかなか素敵です。ふふ



※第49回江戸川乱歩賞受賞作。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-31 09:48 | Book

『家守綺譚』 梨木香歩

家守綺譚 (新潮文庫)
梨木 香歩 / / 新潮社
ISBN : 4101253374
スコア選択: ★★★★★





「それはついこのあいだ、ほんの百年すこしまえの物語」
概ね、明治三十年代後半のお話しになるのでしょう。

本書は、春夏秋冬、四季折々、花鳥風月…を、
絵に描いたような雰囲気を持つ。
小説というよりも…「随筆」って感じかな。「御伽噺」とも言えるかな。 
28の章から成るタイトル全て、植物名というのも、趣きがあります。
主人公が発するの日記のような口語体から、
日本語の素晴らしさに酔いしれ、時を忘れました。

物書きを生業に、早世した学友の実家に「家守」として暮している
主人公の綿貫征四郎。 
彼が連ねる日常は、繊細かつ美しく丁寧な言葉の数々。
例えば・・・
「吹きくる風に一筋の冷たい線が混じっている。
 初秋と呼ばれる季節になったのだ。 空が高い。 雲が薄い。 ・・・・・・」
「外の明るさに、和紙を濾過したような清澄さが感じられる。
 いいか、この明るさを、秋というのだ、と共に散歩をしながらゴローに教える。」
思わずうっとりしてしまう。

親友の高堂、隣のおかみさん、犬のゴロー、
和尚さん、後輩の山内、土耳古の村田、などなど
登場人物が皆良い。  良いのです。 
信じられない異空間の出来事が、違和感なく、自然に受け入れられる。
河童が出たり、子鬼が出たり、人魚がいたり…不思議なんです。 摩訶不思議。
でも、彼らには、なんて言うか、普通。 当たり前の日常なんです(苦笑)。

文庫で200ページ弱という短い作品だが、サラッとは読んではいけません。
まぁ、流し読みはできないと思いますが(笑)。 
すぐに周囲の雑踏が、静寂へと変わります。 
知らぬ間に、綿貫の時代の中に…
意識することなく、すんなりと入り込んでしまう作品なのです。
ゆっくりと時間をかけ、一言一句丁寧に読み進みたくなる作品ですよ。
心と体が疲れたとき、ふと読みたくなる一冊でもあるでしょう。 
癒し効果絶大です!
今後は、本書の普及活動に務めようと思います(本気です)。 

私も征四郎さんのように、
ゴローとその他諸々とともに、その時代で暮したい(笑)。


本書、2005年本屋大賞の第3位です。
ちなみに、第1位は『夜のピクニック』、 第2位は『明日の記憶』。

続く作品は、『村田エフェンディ滞土録』 (角川文庫)。
本書に登場する「土耳古の村田」さんのトルコ留学の青春物語だそうです。  
今度買いに行こう!



『家守綺譚』 の植物アルバムを作られた方がいらっしゃいます。
こちらです
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-29 12:09 | Book
三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
恩田 陸 / / 講談社
ISBN : 4062648806
スコア選択: ★★★




稀覯本『三月は深き紅の淵を』を巡る四つの話。
パラレルワールド…。入れ子どころの話じゃない…。

第一章 「待っている人々」
第二章 「出雲夜想曲」
第三章 「虹と雲と鳥と」
第四章 「回転木馬」


以下、稀覯本『三月は深き紅の淵を』の見解。

第一章「待っている人々」では、
四人の老人たちが待つ屋敷に招待された青年の物語。
その中で稀覯本の内容をほぼ説明しています。
ですが、最終的に「三月は深き紅の淵を」という小説は存在しない。
第二章「出雲夜想曲」では、
二人の女性編集者たちが「三月は深き紅の淵を」を既読。
作者を突き止めようと出雲へ向かう…。
よって実際に存在している。
第三章「虹と雲と鳥と」では、
二人の少女の死から始まり、少女が書きたかった本を、
残されたものが受け継いで書く展開。
これから「三月は深き紅の淵を」が書かれようとしている…。
第四章「回転木馬」では、
正に今「三月は深き紅の淵を」を作者が書こうとしているところ…
というものだった。

本書は決してそれだけではありません。
読めば分かります。 説明できません;;
でも、はっきり言って訳が分からない。

本書では、恩田女史の読書量の膨大さを実感。
読書遍歴の一部を垣間見たわ。凄い方ですね(敬服)


恩田ファンになってまだ半年を過ぎたばかり。
ううむ、これはどうしたものか?
「次々商法」に嵌められた、って感じかな(苦笑)。


とにかく、今後三月シリーズを読み進みます。
早速『麦の海に沈む果実』を読むことにします。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-29 12:00 | Book
おちんちんのえほん (からだとこころのえほん)
さとう まきこ / / ポプラ社
ISBN : 4591065448
スコア選択: ★★★★★



「おちんちん」について
何故、男の子と女の子は違うのか。
何故、人に見せたらいけないのか。
何のためについているのか。

性教育の基礎が一通り学べる素敵な絵本です。


性別の違いの説明からはじまり、
性犯罪から回避する知恵を与え、
生命の誕生を優しく説明し、いのちの重さ、
その大切さを、丁寧な言葉でとても分かり易く、
可愛い絵と共に、サラッと表現しています。

羞恥心が芽生える前に、
性差と命の大切さを感じ取ってもらえる書です。

就学前のお子さんには、
是非、読み聞かせをしてあげてください。
一年生以上なら、子どもに読ませてあげてください。

男の子ではなく、女の子にもオススメします。

ラストはちょっと感動ですよ。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-25 12:07 | 絵本 & Comic
その日のまえに
重松 清 / / 文藝春秋
ISBN : 4163242104
スコア選択: ★★★★★




本書は全7編からなる連作短編集。 其々のTLは

・ひこうき雲
・朝日のあたる家
・潮騒
・ヒア・カムズ・ザ・サン
・その日のまえに
・その日
・その日のあとで


全てに共通するテーマは「死」。
最初から4つ目までの短編は、それぞれ独立した物語ですが
表題作を含む「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」の
3つの短編は一つの物語になっています。
また、前4つ目までの作中人物が、絶妙な再登場をします。

「その日」は、大切な人が死んでしまう日のこと。
実のところ、比較的陳腐になりがちな「死」というテーマだが
重松氏は、とても穏やかながら、しっかりと描ききっています。

私は「ヒア・カムズ・ザ・サン」に入り込んでしまった。
母と息子という設定だからかもしれないが。
オカンとカオルくんの関係が素晴らしすぎて。
「癌」に侵された母、そのことを間接的に知った息子…
それぞれの心情にどっぷり嵌り、感涙。
二人の行く末が気になっていたが
「その日のあとで」で、答えが用意されていました。

この登場人物の繋がりには、一切の無理がない。
自然に物語に溶け込んでいる。 上手すぎる。
繋がりだけでも、感涙できた。
花火大会が、ステキ! 鳥肌が立ったほど。


ラスト3編は、
癌に侵された妻と、やがて残される夫と子どもの「その日」。

(病院からの)悲しい知らせは美しい曲で受けたいと、
携帯電話の着信音を「カノン」に設定するシーンがあり、ジーン。
子ども達には「その日」ギリギリまで、病状は話さないと
夫婦で約束をする。 理由が…
「子どもから希望を奪う権利は、親にもないと思う」 ジーン。
そして「その日」、母の容態を話すため、息子達を前に…
溜め息をつきビールを一口飲む父に、長男健哉が
「酒なんか飲むなよ!」   ズキン。
この一言に、心打たれました。

確かに、子どもはどんなに辛いことがあっても、アルコールには
逃げられない。 受け止めて成長する。


重松氏の描く世界は、「現実」なのではないかな。


本書は「悲しい物語」だったね…などと単純に
通り過ぎるだけの作品ではない、と思う。でも…
殆どの人が、泣いて終ってしまうのでしょうね。
語り継ぐべき名作だと、私は思う。


私の中の「重松ベスト3」に入りました(笑)。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-19 14:50 | Book
掌の中の小鳥 (創元推理文庫)
加納 朋子 / / 東京創元社
ISBN : 4488426034
スコア選択: ★★★★★




小粋なカクテル・バー<エッグ・スタンド>
常連達と女性バーテンダーの泉さんによって
魅力的な空間と時間が演出されています。
彼女の元を訪れる主人公の日常が、何ともイイ雰囲気。
主人公は圭介。 それから紗英。
彼らの出会いから物語は始まりました。

掌の中の小鳥
桜月夜
自転車泥棒
できない相談
エッグ・スタンド

以上、全5編の連作短編集です。

断言する。
この物語は「ミステリィ」ではありません。
「恋愛小説」です。
(とはいっても、ミステリィ色満載です)

人の成長には、時間を要します。
主人公の成長過程が、実に上手く、綴られています。

あまり多くを語る必要はない作品ですね。
読んでください。貴方の心は、癒されます。

印象に残ったのは、第一話目の中の賢者の話。

子供が手の中に一羽の小鳥を隠し持ち、
賢者に問う。
「手の中の小鳥は生きているか、死んでいるか?」
もし賢者が「生きている」と答えれば、
子供は小鳥を握り潰す。
「死んでいる」と答えれば、小鳥は掌から舞い上がる。

タイトル「掌の中の小鳥」は、このお話からです。
さて、子供のこの問いに賢者はなんと答えたか…
その意味を含め、是非、本書を読んでお確かめください。

答えはいつだって自分の掌の中にあります。
そう、自分自身の中に。

私の中で加納作品「BEST3」に入りました。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-19 14:21 | Book
阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、
およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?
台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと
新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、
これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春に、おかしなことはつきものだ!           『化物語』バケモノ ガタリ「上巻」

        
e0115884_11403886.jpg



阿良々木暦が直面する、
完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは―!?
台湾から現れた新人イラストレーター、
“光の魔術師”ことVOFANとのコンビもますます好調。
西尾維新が全力で放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春を、おかしくするのはつきものだ!          『化物語』バケモノ ガタリ「下巻」

-------------------------------------------------------------------------------------------------

西尾さんのパワフルな文章力と、テンポのイイ会話が溢れていて
最後まで楽しく読むことができました。
読者置いてきぼり(?)な感じがする、小ネタ満載っぷりには、
西尾さん二作目という初心者の私は、驚いたわ!楽しすぎるぅ♡

私のね、ツボ嵌りっ放し ヾ(o;▽;)ノ"ギャハハ♪ヾ(。ゝ∀・)ノ┌┛☆ドンドン!!
購入後から読み出しまでに、随分と時間を要しました。
だって、上下二段組で400ページ以上の作品だもの!
ちゃんと時間作って読んであげないとなぁ…。って、ね。
と、他の文庫本に読書時間を譲ってばかりいた、優しい本書  ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ
いざ読み出してみて、 こんなに短時間で読了するとは思わなかった。
其々の所用時間、4時間弱。 二晩で読了です。( v^-゜)イエィ♪

読破時間、読書ペース、森氏の速さを越えたかも。

以下、上下併せた5編の、短編ごとの感想をサラッと。
因みに、上:三話  下:二話 の全五話の、連作短編です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

「ひたぎクラブ」
プロローグ。 戦場ヶ原ひたぎにとってのプロローグでもある。 
主人公・阿良々木暦君の無鉄砲な優しさが、全面に出てた。天然な面も(笑)
一話目では、頭が良いんだか、それほど良くないのか、計り知れない、高校三年生だった。
戦場ヶ原ちゃんは、高レベルの「ツンデレ」。 ここまではちょっといない。
レベルが高すぎて、もう、ね…ついて行けなくなりそうだった。
成績もトップクラスだし(〃▽〃) 後ろからトボトボついて行くのが、やっとよ。
「怪異」は、日常的にそこかしこに朧に存在しているものだそうです。反して神様は八百万。
そうなんだ。 この世は物凄い、世界なんだね…。
ここでの「怪異」は、戦場ヶ原ひたぎの「蟹」。

春休みに阿良々木君が吸血鬼に襲われたと言う、衝撃的な出会いは
残念ながら描かれないままでした。 
こりゃ最後だな!  (その通り!)


「まよいマイマイ」
母の日に、とある公園で小学生の女の子と出会った暦くんの、過度期な一日。
私、八九寺ちゃんが好き。常に前向きで、常に変わらない明るさがサイコー!
阿良々木君が八九寺ちゃんに対する気持ち、そうね…
目の中に入れても痛くないほど可愛い♡っていう気持ちが滲み出ていますね。
(こ奴、本当に優しい。結構、罪な優しさだわ)
ここでの「怪異」は、八九寺真宵の「蝸牛」。 彼女は人間ではありませんが。

「Ⅰ love you」 
「戦場ヶ原、蕩れ」  
ステキなカップル誕生です♡
「蕩れー」今度、日常生活でも使ってみよう。 アハハ


「するがモンキー」
この話が、一番好きです。 ここでの「怪異」は、神原駿河の「猿」。
戦場ヶ原ひたぎの持つ、クールな反面その実、情の深い人間性。
神原駿河の、一途な強い想い。  
表裏一体。 正にメビウスの輪でした。
ここでの怪異に意思はなかった。あったのは当事者の「願い」。 
優しさが暴走するも実質的には役立たずな暦くん。 
ったく。 なんとも言えません。(〃´o`)=3 フゥ
今後、神原ちゃんがハイスピードで可愛くなるの。言葉遣い、サイコー!
あっそれと、腐女子代表って感じで爆走するので要注意です(笑)

あなたは自分ひとりで抱えきれないほどの「悪意」を持った時、
「怪異」とともに在ることを望みますか?
今までの展開に比べて、ちょっと考えさせられた。 人の心は、難しい。


「なでこスネイク」
暦くんの周りの女性は、ツンデレにえろっ子にロリコンに妹キャラ。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
もう、選り取りみどりだ(笑)  作者の好みなのか???
他人の好意に、ここまで鈍感で無頓着なキャラ… 暦くんのような男性はねぇ
2次元では許されるけど3次元では許されませんよ。性質悪いなんてもんじゃないわ。
こんなのが彼氏だなんて…
戦場ヶ原ちゃんが少し可哀相になってしまった。心配無用だろうけど。
ここでの「怪異」は、千石撫子の「蛇」。

はっきり言って、本作品は「怪異」の話より「会話」がメインの恋愛物語です。(多分)
文章でなければ不可能な言葉遊びが「会話」としてテンコ盛り。
異次元の面白さをたっぷりと堪能しました。 (((*≧艸≦)ププ…ッ!

でも、下巻の一話目、そう…この話は違いました。
もちろん、言葉遊びは冴え渡っていましたが、ね。
「怪異」に関して、初めてゾッとしたんです。夜読んだことも関係あるかな?
千石ちゃんが中学生という思春期の真っ只中にある所為かもしれないが…
「呪う」気持ちには、本人にも計り知れないパワーがあるんだと、怖くなってしまった。


「つばさキャット」
エピローグ。
ゴールデンウィークに羽川翼の身に現れた「ブラック羽川」という猫。
忍野さんの許、暦くんと忍ちゃんとで退治(?)というか、封じた「怪異」。
その「ブラック羽川」が再び降臨。 
暦くんの人間性がはっきりと示されたエピローグになっています。
 
暦くんと吸血鬼の出会いは、はっきりとは描かれなかったが、充分に示唆に富んでいた。
羽川ちゃんの真面目さ故のストレス。 葛藤。 嫉妬。 未来。
女性として、手に取るように理解できる。
「ブラック羽川」の再臨は、誰にも、防ぐことは出来なかったんです。

不覚にも、思わず涙が流れました。 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

「怪異」いることが当たり前だと思われた瞬間に、ただの現実となる…
忘れることはできない。この世に闇があり、そこに住むものがいるということ。


 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
西尾さんは、こんな感じの作品が多いのかしら?
こんな感じの作品ならば、是非もっと読んでみたいな。
こんなに楽しい「会話」を読んだのは、初めてです。
名言だらけでもある本書、お気に入りで~~~す♡ アハハ
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-19 10:28 | Book

森ミステリィ中毒

昨夜読了した『キラレXキラレ』。
先ほどレビューをUPしましたが、ちょっと偏見が強すぎたかも。
リアル感、少し紹介(笑)

三十代の女性が満員電車の車内で、ナイフのようなもので
襲われる事件が連続するんです。 さっと背中をキラレるんです。
もちろん、血が出ます。 チクチクします。
怪我は大したこと、ないんです。 縫うほどでもなく、浅くて。
でも、満員電車、それも駅に到着してドアが開き雪崩れるように
ホームへ降りる、そのときに背中をすっと切られるの。

満員電車で身動き一つ出来ない状態で、背後を切られるなんて…
被害者の一人は「血が出ていますよ」とだけ、通行人に声を掛けられて
初めて被害にあったことに気付き、驚いて倒れてしまいます。
怖い。 
読んでから満員電車に乗れなくなる人、多発したんじゃないかな。

犯人と被害者、其々の心理描写が、とてもリアルです。
短時間で読了したけど、ちょっと心に残る事件でした。


好きな作家には、どうしても過大評価をしてしまう。
私は好きな作家の中でも、自分の思い入れが強い作品の感想には、
贔屓目丸出しで(笑)。 過大評価が顕著に現れてしまいます。
いかんね。 ダメですねぇ。  
確かに、恨まれた結果も無きにしも非ず。 少しは反省しなければ…。


森氏の次回刊行予定作が『探偵伯爵と僕』なのですが、
これはどういうことなのだろう。
ミステリーランドの装丁をやめて、普通のNOVELSにするの?
後で少し調べなきゃ。  (〃´o`)=3 フゥ

その後『Xシリーズ』の刊行予定は、
2008年1月に第3弾『タカイ×タカイ』が予定されています。
その後は『Gシリーズ』の第7弾とのこと。

待ち遠しいなあ。
あっもちろん「Xシリーズ」がね。 フフフ


レビューでは言いませんでしたが、森作品デビューがこれからの方、
「Xシリーズ」から入ってはいけません。 絶対に後悔します。
必ず、「S&Mシリーズ」から入ってくださいね!



ところで、『キラレXキラレ』の文中で、
30代半ばの女性を若いとするかどうか…論争があったの。
実のところ、どうなんでしょうか???(爆)



今夜は『ZOKUDAM』。 アハハ
森作品、未読が発生中なので、一気に行こうと思います。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-18 15:04 | 作家・書物 e.t.c. 
キラレ×キラレ (講談社ノベルス (モF-39))
森 博嗣 / / 講談社
ISBN : 4061825550
スコア選択:★★★★






やっと読んだ。

刊行直後に購入したが、今回は優先書籍が混んでいた。
いつもなら最優先で手を伸ばすのだが、今回は
ちょっと後回しになった。
とにかく、森氏の作品は、どの作品もあっという間に読める。
2時間~3時間あれば大抵読了可能だ。
だからつい、後回し(苦笑)
予想通り、本書は昨夜、2時間強で読了。


Xシリーズ第二弾。

私は、森博嗣氏が大好きだ。森ミステリィ中毒だ。
作品の良し悪しは関係が無い、と言い切れる。
基本的にすべてを肯定。もう何を読んでも面白い
という境地に達してしまっている。
そんな私だから、このシリーズはお気に入り。
何たってミステリィなんだもん。チープだけど。
S&Mシリーズに引けをとらない面白さを感じる。
キャラも一作目に比べると、立ってきた。
小川玲子が何とも言えないイイ味を出しています。
香具山紫子の未来のイメージに近しいものを感じますね。

裏表紙の作品紹介より。
「この頃、話題になっている、電車の切り裂き魔なんだけれど──」
三十代の女性が満員電車の車内で、ナイフのようなもので
襲われる事件が連続する。《探偵》鷹知祐一朗と小川令子は
被害者が同じクリニックに通っている事実をつきとめるが、
その矢先、新たな切り裂き魔事件が発生し、さらには
殺人事件へと──。犯行の異常な動機が浮かび上がるとき、
明らかになるものとは……。 Xシリーズ第二弾!! 

はっきり言って、作品に大した深みは感じられなかった。
事件そのものに、意外性や劇的な展開もありません。
けれど、日常の事件としても、人間の心理描写にしても、
物凄くリアル感があることは確かです。

このシリーズはこんな感じで進んでいくのではないでしょうか。

本書の美味しいところ…
萌絵ちゃんの独り占めです(笑)。
相変わらずステキな女性です。
今後の絡みに、期待が持てそうな予感。
小川さんの過去にも興味津々。空手教室かぁ…。

既読者と森ファンにしか理解できないレビューで
ごめんなさい。

きっと、世間の評価は低いはず。
あえて星4ついかせていただきます!
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-18 14:52 | Book
どんなかんじかなあ
和田 誠 / / 自由國民社
ISBN : 4426875064
スコア選択: ★★★★★






本書は、読み聞かせではなく、
出来るならば自分一人で読んでほしい。

ある程度の読む力をもった園児さんや小学生ならば、
本書により、必ず何か学び取れるものと思います。
障害を持っている方々への
思いやりの心を育てていけるのではないでしょうか?
読後、親子で障害について話し合い、理解を促すこともお勧めです。

とにかく、お子さんが低学年の内に必ず読んでもらいたい。

作品の内容はもちろんですが、
絵の力が、物凄い。
私はしばらく涙が止まりませんでした。



第11回日本絵本賞受賞
第52回青少年読書感想文全国コンクール課題図書
(小学校低学年の部)
長崎県読書感想文コンクール・テーマブック
(小学校中学年の部)
[PR]
by merrygoround515 | 2007-10-15 15:38 | 絵本 & Comic