読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦 / / 新潮社
ISBN : 4101290512
スコア選択: ★★★★






何かしらの点で彼らは根本的に間違っている。
なぜなら私が間違っているはずがないからだ、と宣う、
ひねくれた学生の夢想を描いたデビュー作。
第15回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。


主人公は、京都大学農学部の五回生の「私」。
但し、現在自主休学中。
元恋人「水尾さん」の研究に勤しみ、
研究というか…単に付狙った観察(?)の成果を、
240枚にわたるレポートとして、書き上げていた。

研究追行の只中「私」の前に
「これ以上、彼女につきまとったら警察を呼ぶ」と男が立ちはだかる。
しかし、彼(遠藤くん)は…同じ穴の狢だった。


こいつ等アホだ。
あ、でも京大生だった。
じゃアホではないか。
いや、アホだな。うん、アホだ。
だけど、とっても愛おしい。

ここから「夜は短し歩けよ乙女」が生まれのか~。
うん、うん、納得。
鼻持ならないと言えなくもないけれど、
この妄想っぷりは、やはり凄まじい。


極め付けが「ええじゃないか騒動」。
クリスマスイブで賑わう四条河原に、
奇妙奇天烈な「ええじゃないか騒動」が巻き起こる。
動機も何もかも、あまりにもアホ過ぎて…
返ってこの上なく清々しい(笑)。

「Gキューブ」このアホなやり取りが
私は一番好きだったかも。
絶対にあの部屋には入りたくないが…。

アホだ、アホだと言ったけれど、
やっぱり彼等は可愛い。
(あくまでも私の視点では、ね)
きっと、私が彼らよりずーっと年上であることが
愛おしさを増したんだと思う。

現実と妄想との境界線の無さっぷり!
そこを目一杯楽しむ作品です!
[PR]
by merrygoround515 | 2008-09-28 15:57 | Book

『空の中』 有川浩

空の中 (角川文庫 あ 48-1)
有川 浩 / / 角川グループパブリッシング
ISBN : 4043898010
スコア選択: ★★★★






何が良かったかって、
人類の敵が、知的生命体だということ。
そして
武力ではなく、平和解決の道を探る展開が
なんともステキだった。

冒頭、いきなり立て続けに飛行機事故が発生!
二件の事故により、
テストパイロットと自衛官が亡くなってしまう。
これは、もしやハードな物語なのか?
と、少し身構えたのだが、話は全く違う方向へ。
怪物モノだった…。 あはは

事故で亡くなった自衛官の息子、
高校生の斉木瞬が、偶然見つけたナゾの物体。
彼は「フェイク」と名づけ、共に暮らしだす。
「フェイク」と彼は、面白いことに亡き父の
携帯電話を通じて意思疎通をはかることができるのだ。
父を亡くした哀しみから、
まるで逃げるかのように「フェイク」にのめりこむ瞬。
その様子を心から心配する幼馴染の天野佳江。
偉大なる優しさと強さをもった老人、宮ジイこと宮田喜三郎。
この三人の交流に、物凄く心が和み、温かくなった。

一方、
スワロー事故(テストパイロットが犠牲に)の
調査委員である、春名高巳と自衛官の武田光稀は、
事故調査中、「フェイク」の仲間である「ディック」と出会うのだ。
そしてその後、
人類の代表として「フェイク」とコンタクトをとり続ける。
この空中に浮かんだ巨大な生命体は、
後にいろいろ起こり「白鯨」と呼ばれることになる。

高度な知的生命体である「ディック」が、
次から次へと言葉を覚えていくところが面白い。
地上からの電波によって単語を習得していたため、
「ディック」の言葉は
「こんにちは、お昼のニュースです・・・・・・」から始まる
などなど、ユーモア満載だった。 ははは
だが、もうひとり遺族(テストパイロットの娘)
美少女・白井真帆は…
そのなんとも言えない切なさに、胸が苦しくなった。

とにかく、
白鯨との大騒動からラブコメ路線も楽しめて、
ちょっと欲張り過ぎじゃない?と、言いたいくらい(笑)
内容は盛りだくさんの一作だった。

また、作者の巧い会話作りから、
「言葉」の難しさを改めて感じました。
「説明する」「論じる」…
「話し合う」「討論する」…って、
どれも凄いことなんだ。
根気よく、着実に任務を遂行した高巳が、
めちゃくちゃ恰好良かった。

本書は、戦う自衛隊三部作のひとつ。
いや、戦うだけではないね。
恋する自衛隊三部作だ。
『塩の街』の陸自に続いて、空自の物語。
後りの一作は、海自の物語『海の底』。
残すところ最後の『海の底』。
近日中に読み出す予定です。
楽しみだなぁ。



もしも、ふと空を見上げたとき
正体不明の楕円形の物体が浮かんでいたら…
それは、「白鯨」かもしれない。
私は、存在している気がしてならないのですが…。
[PR]
by merrygoround515 | 2008-09-26 13:47 | Book
◆8月の読書メーター
 読んだ本の数:13冊


■よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
セリフ、仕草、ヒトコマ×2全てツボでした!笑い過ぎて腹筋痛い(笑)
読了日:08月28日 著者:あずま きよひこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048671510

■死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)
うーん…。深みは無いかも(苦笑)
読了日:08月28日 著者:乙一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344401638

■君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))
『借金取りの王子』買いに行ってきます!
読了日:08月27日 著者:垣根 涼介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101329710

■クローズド・ノート (角川文庫 (し37-1))
映画化作品を観てみたい。
読了日:08月26日 著者:雫井 脩介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4043886012

■向日葵の咲かない夏 (新潮文庫 み 40-1)
イイ!お気に入りの一冊です。
読了日:08月25日 著者:道尾 秀介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101355517

■東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)
万人向けの面白さ!昭和の魅力満載!シリーズ作の早期文庫落ち希望(笑)
読了日:08月19日 著者:小路 幸也
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087462870

■クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
哀川さん、じゃない(苦笑)潤さんがたっぶり!
読了日:08月18日 著者:西尾 維新,take
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061822675

■空の中 (角川文庫 あ 48-1)
上空に白鯨(&フェイク)がいると信じたいかも。作品の世界観に魅了されまくりで、しばし呆然。素敵すぎる!
読了日:08月16日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4043898010

■陰日向に咲く (幻冬舎文庫 け 3-1)
上手い!まさかこんなに感動するとは(笑)
読了日:08月15日 著者:劇団ひとり
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344411684

■砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)
さらっと読めるのに、何故かまた手にしたくなる魅力が…。
読了日:08月14日 著者:伊坂 幸太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4408535346

■イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)
残念ながら先が読めた。普通の恋愛小説…。
読了日:08月09日 著者:乾 くるみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167732017

■シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
ホームズ大好き!
読了日:08月08日 著者:コナン・ドイル,延原 謙
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102134018

■塩の街―wish on my precious (電撃文庫)
予想外に涙がポロポロ…(感涙)
読了日:08月04日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840226016


  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼


これは便利だわ!
「読書メーター」に「まとめ」機能が増えました。

以下、作者さんより
■「まとめ」機能とは?
先月分の読書データをブログやmixi日記などにまとめる記事を生成できる機能です。

ここで生成されたコードをコピーしてブログや日記に貼付けるだけで
先月読んだ本のデータをブログやmixi日記などでまとめたり紹介することができます!



一瞬でこの日記が完成です(笑)
ちょっと装飾しました~! ははは
今後は毎月載せちゃおう~www
[PR]
by merrygoround515 | 2008-09-22 09:15 | 読書メーター
かもめ食堂
/ バップ
ISBN : B000ELGLDA
スコア選択: ★★★★★





レストランではなく、食堂。
観光ガイドブックにも載っていない、小さな店。
サチエ(小林聡美)の経営する、
『かもめ食堂』の物語。

細部にまでしっかりとしたこだわりが感じられ、
ワンシーン、ワンシーンがとても綺麗。
手元に置いて、いつでもふっと観れるように
しておきたい作品です。

この雰囲気、他に類を見ない。
素晴らしいわ。
[PR]
by merrygoround515 | 2008-09-18 12:03 | Movie