読書日記及び過去の読書         〆(・_・ )メモメモ


by merrygoround515

タグ:コミック ( 5 ) タグの人気記事

よつばと! (1)
あずま きよひこ / / メディアワークス
ISBN : 4840224668
スコア選択: ★★★★★





テーマは「いつでも今日が、いちばん楽しい日。」


マイミクさんにオススメいただいた作品です。
が、実は…長~い間、忘れていましたorz  m(_ _)m
すると先日、
マイミクさんが第7巻のレビューをUPされ、
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ と存在を思い出しまして…
よし、買おう!とりあえず1巻じゃ。

よつばちゃん、ツワモノでございます。
何より可愛い。 でも天然。  思考回路は超人(笑) 。

こんなステキな作品と出会ったのは…
久しぶりです。

この作品がとても有名な作品であることも知らず…
笑い呆けていた私。(と家族)
ちょっと調べてみたらびっくりです ( ☉_☉) パチクリ

なんと七ヶ国語に翻訳されているそうですね。
文化庁が2006年に発表した
日本のメディア芸術100選では 『あずまんが大王』 (同著)
と共に、本書も選出されていました。 凄い!
更に、文化庁メディア芸術祭、マンガ部門で
「優秀賞」 を受賞していました!
よつばちゃんは、とても偉大な子どもでした。
馬鹿笑いしてばかりで、ごめんね。(反省)

よつばちゃん
我が家の隣に引っ越して来ないかなぁ。
アイスクリーム毎日あげるのに。
せみは、困るけど(><;  ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ


読むと心が得するコミックです。
是非、一家に一冊♪   (現在7巻まで刊行・以下続刊)
[PR]
by merrygoround515 | 2007-11-12 12:08 | 絵本 & Comic
監督不行届 (Feelコミックス)
安野 モヨコ / / 祥伝社
ISBN : 4396763530
スコア選択: ★★★★




「日本のおたく4天王」と呼ばれるカントクくんと結婚したロンパース。
この時から彼女の、オタクの嫁…すなわち「オタ嫁」としての厳しく
険しい修行が始まった!!    カントクくんのシゴキに耐えつつ、
着実にオタ嫁道を究めつつあるロンパースなのであった…。

はい、そうです。
『監督不行届』 を、読みました\^○^/
面白かった ∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ

※第壱話から
結婚式は、新郎(カントクくん)が仮面ライダーのコスプレ。
花嫁のコスプレをした新婦(ロンパース)。(≧∇≦)
朝から部屋に散乱しているグリコのおまけ踏んだり…
ご飯食べずにお菓子ばかり食べるカントクくん…(おまけ目当て)
おまけにカントクくんは、嫁(ロンパース)に…
のこりの一生をかけて、オタク教育をほどこす!と宣言。∴∵ゞ(゚ε゚ )ブッ

カントクくんの全ジャンルを網羅した超オタクネタと、
安野モヨコの「マンガ・アニメ好き」を超えたオタクぶりは…
全く分からないネタも多数 orz  雰囲気で笑ってました^^;
iPodに満杯のアニソンを詰め込んで、車中でガンガン流し ♬♫♬♫
お二人で歌いながら♪ ドライブするんですって。
なんか、とっても幸せそうで楽しそう(〃▽〃)

新婚生活エッセイ漫画だからなのか…
絵や文章の端々にカントクくん(監督)への深~い愛情が溢れていて
笑いながら読んでいても、ただ爆笑して終ったのではなく、
何だかとても幸せな気分になってしまいました。アハハ


それにしても「オタク4天王」の残り3人って誰?
まっ聞いてもきっと分からないと思うので、いいんですがへへ;



安野さんの作品って、
岡崎京子女史のアシさんをやっていたというだけあり、
スタイリッシュでシニカルで、きっとご本人もブッ飛んでる(笑)
強い女性ではないのかな?と、イメージしていたのですが・・・。
いやはや、違いました へへ;

庵野監督(カントクくん)がね、最後に写真付きでコメントされていました。
──なんと!ハンサムなんです。背は高いし…
  漫画はデフォルメ過多とはいえ、そっくりよ(^▽^)

「嫁さんは巷では気丈な女性というイメージが大きいと思いますが、
本当のウチの嫁さんは、ものすごく繊細で脆く弱い女性なんですよ。
 ~~~中略~~~  心の中心では、孤独感や疎外感と戦いながら、
毎日ギリギリのところで精神のバランスを取ってると感じます。
だからこそ、自分の持てる仕事以外の時間は全て嫁さんに費やしたい。
そのために結婚もしたし、全力で守りたいですね、この先もずっとです」

安野モヨコ&庵野秀明   「Wアンノ」
良い夫婦ですね~♡   素敵なカップルだわぁ(〃▽〃)



安野モヨコさん原作「働きマン」がドラマ化されましたね。
私、この作品、大好きなんです♡   松方LOVE♡
でも、菅野美穂さんがどーしても好きになれない私;;
観ようかな~と、一瞬思いましたが、結局観ていません(笑)
あっ原作は(現在4巻まで)宝物です( v^-゜)イエィ♪
安野さん、主人公の松方ヒロ役に菅野さんを強く希望したそうですね。
主人公のイメージ…  私とは合わないなぁ(苦笑)




松方女史の画像、拾ってきました。原作と実写版、並べます(笑)



e0115884_11413643.jpg
e0115884_1142420.jpg






んっと、好きなセリフでも書きましょうか…へへ; (「働きマン」より)

 緊張するかしないかはそいつの能力だよ。条件は皆同じなんだから

 「忙しい」からいい仕事をしてるわけじゃない
 「いい仕事」をしたから偉いわけでもない
[PR]
by merrygoround515 | 2007-11-12 11:43 | 絵本 & Comic
コーヒーもう一杯(1)
山川 直人 / / エンターブレイン
ISBN : 4757723024
スコア選択: ★★★★





「明日」に旅立つその前に、一杯の温かいコーヒーとささやかなロマンを。
漫画界の吟遊詩人が贈る、アロマの香る物語。          (帯より♪)


コーヒーにまつわるマンガのシュート・ショート。
(連作ではなく、一話ずつの短編)
短編12話に加えて、Coffee Break(エッセイ)が5話。
山川氏の画には、好き嫌いがあるかもしれない。
でも、読んでいくうちに引き込まれ…
時間の経過をの~んびり、感じながら、ストーリーや画によって、
まったりとした、コーヒーブレイクを楽しめます。  \(⌒∀⌒)/

全体的に、懐かしいような、寂しいような、じんわり暖まるような  
そうですね…心で感じる   心で読んでいるような(?)  
何とも言い表し難い作品でした。(^^;

雰囲気で読み進む…  
流れる時間と空気が、現実から、ふっと離れさせてくれる・・・。
短編ですから、一つ一つはほんの少しの間なのに、
まるで一眠りしたかのように、心が落ち着く。
物語の奥が深くて、後から後からジンワリ。やや苦い。(゚ーÅ) ホロリ 

読みながら、コーヒーを飲み続け・・・・・・
読後は余韻に浸りながら、飲み続け…・・・。
いつものお安いコーヒー豆が、
なぜか高級ブルマンの味に変わっている錯覚を。 アハハ


とにかく、コーヒー好きには、もってこいの作品。 (゚▽^*)☆
コーヒーは好きでも嫌いでも・・どちらでもない人は、きっと…
好きになってしまうかも。 (^▽^)

個人的に… 
「夜の子供たち」の主人公が歌う♪
      ♬♪♬♪ 夜寝ない子のともだちは 星と猫とお月様 ♬♪♬♪
      ♬♪♬♪ 夜寝ない子が怖いのは 風とカーテン時計の音 ♬♪♬♪
に、ジーンときました(苦笑)  


そう言えば、忘れていました! まえがきのような一文に
著者がボブ・ディランを愛していることが、記述されています。 フフフ
本書のタイトルもボブ・ディランの曲目から付けたのだそうです。


ボブ・ディラン…  ボブ・ディラン…   ボブ・ディラン・・・  !!!
     
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪   閃いたわ! 
山川氏!コータロー氏と共に、深~く熱く、語れるのではないかしら~! 
ね?! アハハ  


追記:
本書はⅢまで刊行されています。 ⅡもⅢも素晴らしい読後感を得られます。
是非、三冊、読んで見てください。
画像、貼り付けまぁ~す(*^^)v

e0115884_11344395.jpg
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-16 11:41 | 絵本 & Comic
COMICAL MYSTERY TOUR 4 長~~~いお別れ
いしい ひさいち / / 東京創元社
スコア選択: ★★★★



以前、このコミックの1巻・2巻を
友人に薦められ読んだことがあった。
先日、立ち寄った書店で4巻を見つけ、
懐かしくなり購入しちゃった!

記憶では…
名作や旧作のパロディだった1巻・2巻。
どうやらこの4巻は違う感じ。
ここ数年のお馴染み本のパロディばかり♪
タイムリーなのでちょっとワクワク。
クスクス&プっと吹き出しながら♪ 
一気に楽しめました。\^○^/

近刊ばかりでなく、古今東西の超名作の数々を
ものの見事にバカにし…
いや、茶化しまくっているわ。
普通では考えられない切り口なので、少々心配に…。
ここまで言ってしまって、大丈夫なのかしら?
まぁ、4巻まで無事?
に出版されているのだから…
問題はないのでしょうけど。 アハハ

1cmに満たない薄い文庫ですが、内容は盛りだくさん!
日本篇と海外篇に区切られ、
取り上げている書籍の数なんと 87作品。

基本、4コマ・マンガですから、
多作になって当然ではありますが。(^^;
いしい氏・・読書量すごいのね。
仕事とはいえ、ホントにすごいなぁ。

読んだことがある作品では、
「はぁ?なんでそうなるん?」とか。
「うまいわ!」とか。     「アホ」とか。

未読の作品には興味を持てます。
「絶対こんな内容は出てこないんだろな。
     本当はどんなトリックなんだろう・・・」
「まじ?違うよねぇ?ありえない。確認しなくちゃ」  
って、終始そんな感じでした。

私が個人的にツボに入ったのは、
『半落ち』と『看守眼』。 横山氏の二作品。
『ZOO』と『GOTH』乙一氏の二作品。 
それから思わず吹き出したのが、
『容疑者Ⅹの献身』。これ、東野氏もきっと笑うわ。
海外作品は未読ばかりが目に付く…
原書を読んでいないから気になって仕方ない。;;

読書の幅がまた広がりそう。
またしても未読&積読が増えていく・・・・(泣)
悪循環だわ。 アハハ
[PR]
by merrygoround515 | 2007-05-01 18:41 | 絵本 & Comic
トーマの心臓 (小学館文庫)
萩尾 望都 / / 小学館
ISBN : 4091910130
スコア選択: ★★★★★



「愛」とは、なんなのか?

答えが、本書です。


性別(設定の)にこだわる必要は無い。
三人のキャラ、全ての立場になり、
考え、彼らの気持ちを汲むことができた。

言葉で説明できない、名作とは、本書のこと。
感無量。

但し、10代ではこの「愛」の深さは
理解できないと思う。いや、きっと、出来ない。

10代の方にも、もちろん読んでもらいたいが、
大人になって、再読して欲しい。

無駄な心配かなぁ。
みな、間違いなく再読、三読… するものね。

ストーリー、ひとつひとつの言葉、
詩、生活状況、家庭環境、学ぶということ…e.t.c
何から何まで、パーフェクトな文学作品。


バイブルだ、という人が多いのも、納得できる。
「愛」なくして、人は生きられない・・・。
[PR]
by merrygoround515 | 2007-04-28 23:58 | 絵本 & Comic